自営業者の自宅兼事務所や多額の借入も任意売却は可

 自営業の方に多いのが自宅に事務所スペースや作業場を併設した建物に居住しているケースがあります。この場合も残債務の多少にかかわらず任意売却は可能です。そして建物をそのまま利用する買手が現れることが一番望ましいのですが、なかなか難しいのが現状です。

作業場等があると、それに伴い工具や機材なども建物内に置いてあり、不動産売買となれば、不要となる残置物処理費用の工面で注意が必要ですが、任意売却では、もともと売主の資力が乏しい為、残置物の撤去は買主負担の場合や債権者に必要経費として認めてもらう等、ケースバイケースとなります。

立地によってもニーズは違う

 建物をそのまま利用する買手でなくても、先代から引継いで事業を営んでいる場合、立地が良かったり、一般的な住宅よりも面積が広かったりと好条件が揃っていて取引がスムーズに行われることもあります。

返済ができないから任意売却

 事業用ローンを土地を担保に借りていると、評価が高ければ多額の借入れがあり、間違った認識で『借金の額が大きすぎるから任意売却できない』と思い込んでいる方も多いのですが、決してその様な事は無く、不動産を適正な金額で売却できれば金融機関も任意売却を認めてくれます。

また、事業継続が困難になり自己破産を検討中の方は、先に所有する不動産を任意売却することで債務総額を圧縮、結果的に破産費用を減額できる場合もありますので、自己破産の前に一歩立ち止まり、任意売却する場合と比較してみるのも選択肢の一つです。

高額な破産費用の減額は任意売却で可!

バブル崩壊後の長引く不況の影響で以前は自営業者の自宅兼作業場などの不動産が競売にかかる件数が非常に多かったですが、現在では住宅ローンの件数が上回っているようです。弊社では自営業者・中小企業のサポートを積極的に行っていますので早めにご相談ください。

○ 『中小企業,自営業の任意売却

○ 『経営者の住宅ローンは業績悪化で差押え! 競売回避は?

○ 『知り合いの業者に任意売却を依頼したらハンコ代で失敗?

○ 『競売回避のメリットが無い場合とは

○ 『不動産が差押えられた、どうなるの?

○ 『金融機関に業者を紹介されたら確認すること

○ 『依頼しても業者が放置し競売の危険性もある

上記の記事も合わせてどうぞ

任意売却の専門業者関連全記事の一覧

自営業・中小企業の任意売却関連の全記事一覧

任意売却情報満載の全記事一覧は任意売却テーマ

任意売却深夜の無料電話相談

電話相談はここをクリック