やがて登場する競売の落札者とは!?

 住宅ローンを滞納し始めると真っ先に考えるのは不動産を取られる!?そういうイメージを持っていませんか?

競売回避について詳しく

競売は公正な取引

 お金を貸している金融機関が取り上げる訳ではありません。金融機関が正式な手続きのもと、裁判所の競売にて不動産を売却します。ここで、落札者が登場となりますが、落差者とは、どんな人たちでしょう?ずばり、不動産業者が多いと思います。

落札した不動産をどうする?

 大きな土地であれば分割して新築に、30坪位の一戸建てやマンションの一室はリフォーム後に転売、ビル、マンション、アパート一棟の場合は入居者がいるので外装をリフォームして転売します。つまり、落札後は、素早く売却してしまう事がほとんどなのです。

落札者の対応

 落札されたあと直接やりとりするのは、ごく普通の不動産業者でごく普通の担当者と思っていいでしょう。町場の不動産屋も結構いたりします、勝手なイメージの一人歩きで、力づくや、怖い人たちが来て追い出されるようなことはないので、特に恐れる必要もありません。

競売は怖くはないがお勧めしない

 怖くはないからといって最初から競売を選択しないで下さい。そこに至るまでは精神的な負担があります。任意売却を試みたが、結果的に競売であれば仕方ありませんが、まずは競売の申立ての前に行動することをお勧めします。なぜならば、一度、競売の申立をすると金融機関は待ってはくれませんから。

競売関連の全記事一覧

任意売却情報満載の全記事一覧は任意売却テーマ

任意売却深夜の無料電話相談

電話相談はここをクリック