競売になると仲介手数料や他の費用は発生しない

 年配のご依頼者が、あるとき少し不満げに『競売でも任意売却でも手数料を取るから、どっちでもいいんだろう!』一瞬なにを言っているのか分かりませんでした。しかし、詳しく話を聞いてみると、今は任意売却の依頼をしているけど、このまま競売になっても専任媒介契約を結んでいるから仲介手数料を取れるでしょう! という意味のことでした。

競売回避を詳しく

競売は想像以上のプレッシャー

 無理もありません、裁判所より競売の通知が届き、残された時間も少なく不安がピークに達したとき、競売になっても手数料を取れるなら、しっかり仕事をしないだろうと思ったのでした。

説明不足が与えた不安

 任意売却を依頼されているのに、お客様にしっかりと説明できず、不安な気持ちにさせてしまったことを、深く反省しなければなりません。任意売却に対しての理解はあったのですが、競売になってしまった時の説明が不足していたのだと思います。

競売は任意売却業者にとって無益

 依頼者にとっては、任意売却で競売を回避することができます、それと同時に任意売却を依頼された不動産業者は、売買代金の中から報酬として仲介手数料を受取ります、これが両者の関係で仕事が成り立っています。

では、任意売却を依頼されたが競売になってしまった場合の仲介手数料は・・・のようなものは存在しません、ありえない話です。

任意売却は成功報酬

 任意売却で取引が成立しない限り、仲介手数料は発生しません。つまり、成功報酬であり競売になると受取るもののないまま終了となります。従って、依頼者とは常に同じ方向を向いているということをもっと丁寧に説明しなければならなかったのです。

○ 『任意売却を依頼して競売になったら費用は発生する?

○ 『任意売却を頼んだ業者に不信感があるときは?

○ 『競売申立後は要注意!頼むなら専門業者がベスト

○ 『無いと不可!専門業者が教える任意売却に必要な免許

上記の記事も合わせてどうぞ

競売関連の全記事一覧

任意売却の専門業者関連の全記事一覧

任意売却情報満載の全記事一覧は任意売却テーマ

任意売却深夜の無料電話相談

電話相談はここをクリック