不景気だけが原因ではない任意売却となった訳とは

 任意売却となった訳は人それぞれ理由があります、もともと返済額が厳しすぎて払えなくなった、リストラなどにより収入が激減してしまった、これらは住宅ローンが思い通りに返済できないケースが多いと思われます。しかし、なかには思いもよらないケースもあります。

住宅ローンが払えない時の対処法

 自営業のAさん普段の移動は車でした、ある時ちょっとした不注意で人身事故を起こし、相手の方は入院が必要となりました。

そして、Aさんはある事を思い出したのです、それは自分が運転していた車の車検です。確か?そろそろ期限が来ると思いながらも忙しさのあまり確認せず後回しにしていました。やはり不安は的中し車検が切れている事がわかったのです。

いわゆる無車検です、相手の方の治療費も100%自腹で負担しなければならず、その額数百万円、簡単に用意できる金額ではありません、そこで自宅を担保にノンバンクから借りて治療費に当てました。自宅にはまだ住宅ローンもあり金利の高いノンバンクとの多重ローン、すぐに返済に行き詰まり金融機関から競売の申立てへと進みました。

幸い競売は回避し任意売却で取引できましたがAさんは自宅を失いました。大抵の人は車検切れで運転したAさんが悪い、自業自得だと思うかもしれません。

しかし、誰でも忘れ物をしたことがあるように、Aさんも車検の期限を確認しようと思いながらも忘れてしまったのです。

特別なことではないと思います、それでもAさんは相手に迷惑をかけられない一心で誠意を尽くしたことは感心の一言に尽きるでしょう。

○ 『借換えが失敗に再雇用では住宅ローンが払えない

○ 『任意売却後の残債が無いのに自己破産した原因はカードローン

○ 『親子ペアローンで老後破綻・思わぬ落とし穴

○ 『個人再生後に住宅ローンが払えないとき任意売却は可能か?

○ 『家のローンが苦しい・定年後の返済は老後破綻の原因に

○ 『住宅ローンで多重債務にならない為の注意事項

○ 『苦しい住宅ローンは返済できれば幸福なのか?

上記の記事も合わせてどうぞ

任意売却の専門業者関連の全記事一覧

任意売却情報満載の全記事一覧は任意売却テーマ

任意売却深夜の無料電話相談

電話相談はここをクリック