10年で競売と任意売却になる不動産は同じ運命に?

 中古物件を購入したものの、ローンの支払いが困難になり任意売却を決断されたAさん、その不動産の所有者の流れを確認すると、最初に購入された方は競売になり不動産業者が落札、その後Aさんが購入という流れでした。

新築され10年も経たないうちに、購入した2人の所有者が支払い不能に陥り不動産を手放すということに、何か不思議な思いでした。果たして次の購入者も同じ運命をたどるのではと・・・不安さえ感じました。

しかし、そんな心配は無用でローンの審査など全く気にするこのない企業の役員さんが購入を決めてくれました。しかも以前の所有者の流れもしっかり理解し、気にする様子もありません。

結局は運命などではではなく、住む人の状況次第ということです。任意売却の物件も通常の不動産の売却と同じで所有者が自らの意志で売却します、また購入希望者が現れることを喜んでもらえます。

購入する側も競売の落札とは違い気になる点があれば質問もできます。住宅ローンも利用できるので任意売却だからと気にする必要はないでしょう。

競売関連の全記事一覧

任意売却情報満載の全記事一覧は任意売却テーマ

任意売却深夜の無料電話相談

電話相談はここをクリック