高額査定で金融機関は本当に喜べるのか?

 不動産の売却では売主は高く売れることを希望します。任意売却も同じで高く売れることで、売主は借金が減り、金融機関はより多く回収することが出来ます。

通常、不動産の売却を考える方は売却物件募集のチラシを見て問合わせたり、インターネットで一括査定を申込んだりといった感じでしょうか・・・。

査定価格は各社異なる

 不動産業者は売主が、他業者との比較も検討していれば、より高い査定価格を導き出すことになります。これは売主にしても、所有する不動産に高額査定をしてくれる業者へ、売却の依頼をしたいと考えるからです。

その結果、出てきた査定価格は不動産業者の思惑もありバラバラで、何故こんなにも開きがあるのか不思議に思うかもしれません。

どこに頼むかは依頼者の自由

 売却を希望する場合、不動産業者の査定価格を比較し、高額査定を出した業者や一般媒介で複数の業者に依頼するなど、売主の希望する販売方法で進めていくことが出来ます。

通常の売却であれば相場より高い価格で販売を開始しても、時間の経過を見ながら値下げを行えば、いずれ不動産は売れます。しかし、任意売却では通用しません

任意売却の業者選び

残債や時間で事情も変わる

 もちろん、不動産を売却すれば借金が全部払えるかどうかの瀬戸際であれば、事情が変わってきますが、それには時間的な余裕も必要になってきます。任意売却のお客様は住宅ローンが払えず、金融機関からは催促され、自分ではどうしようもない状態から、任意売却の相談をする方が多いのが実情です、もう、その先は競売もあり得るのです。

住宅ローンが払えない時の対処法

では、競売になってもおかしくない状況で、無理にも思える高額査定を提示する業者へ任意売却を依頼した場合、どうなるでしょうか?高額査定したものの、やっぱり売れないので価格を下げましょう・・・、この様な時間的余裕は任意売却にはありません

任意売却は適正価格で

 お客様の最大の目的は競売を回避することです、そのために任意売却業者は不動産の一般市場で速やかに買手が現れる査定価格を提示します。

高額査定をしても金融機関は喜ぶかもしれませんが結果、その価格で売れなければ任意売却も成立せず、競売の落札価格によっては金融機関も思ったような回収が出来ないかもしれません。それゆえ、任意売却業者の査定価格は適正でなければならないのです。

高望みは任意売却の妨げに

 任意売却には金融機関の同意も必要なため、残念ながら一方的に金額を指定し、その金額以上でなければ、競売で処分するような金融機関もありますので、任意売却業者の査定価格が必ずしも反映されているわけではありません。

任意売却を希望する場合、早めの相談であれば2段階の売却方法も検討できますので、ご自身の状況をしっかり把握することが、競売を回避する第一歩です。

○ 『安く売るの?間違いだらけの任意売却

○ 『一括査定で高額だと任意売却しなくて済むの?

○ 『相場より安い!?と感じることもある

○ 『残債はどれくらい?相談と価格査定は同時に!

○ 『残債の要因はマイホームの資産価値

○ 『任意売却を頼んだ業者に不信感があるときは?

○ 『安く買い叩けて得!?プロでも間違う任意売却の常識

上記の記事も合わせてどうぞ

任意売却の専門業者関連の全記事一覧

任意売却情報満載の全記事一覧は任意売却テーマ

任意売却深夜の無料電話相談

電話相談はここをクリック