一括査定で高額だと任意売却しなくて済むの?

 任意売却を検討して、一括査定を頼んだら、驚きの高額査定!これなら住宅ローンも完済できるので、任意売却しなくて済むと期待も膨らみます。

査定価格が思いのほか高くても、本当に売れるのでしょうか?

 コンテンツ一覧

一括査定は何故あるのか

 不動産の一括査定は、サイトを経由して依頼できるため大変便利です。複数の不動産業者が、一斉に同じ不動産を査定してくれます。

しかし、出てきた査定価格にはバラつきもあり、どれが本当の価格なのか悩むところです。

では、査定を行う不動産業者の目的は何でしょうか?それは、実際に売却の依頼を受け、売却が済めば報酬を頂くことです。

高額査定では売れないことも

 不動産業者が売却依頼を受ける場合、近隣の類似物件より、価格が低ければ、それだけでも魅力なので、購入希望者も見つけやすくなります。一方で価格が高ければ、購入希望者を見つけるのは時間も掛かり、むしろ売れない可能性の方が高いでしょう。

誰しも高いよりは、安く購入したいので、不動産ともなれば高額なため、特に価格についてはシビアになり、売却するのに苦戦するのは目に見えています。端的に言うと不動産業者としては、低めの価格で依頼を受ければ、売却が容易ということです。

一括査定には思惑が反映する

 しかし、査定を行う業者側からすると、一括査定の場合は必ず、他にも査定する競合業者の存在があります。正直に査定しても、単に査定しただけで終わることも想定できます。

では、査定しただけで終わらず、売却依頼に繋げるためには、どうしたらいいか?それは、依頼者から査定結果に興味を持ってもらうことが重要です。つまり、競合他社より高い査定価格を導き出すことになります。

しかし、同じようなことを考えているのは1社だけではありません。そのため査定価格にバラつきがあっても、総じて高めの査定結果が出やすくなってしまいます。

そして、一番高い査定価格を出した業者に理由を聞くと、『丁度このエリアで探しているお客様がいます。』と言われ、納得してしまうこともあるのです。

高額査定の売却依頼にはシナリオがある

 高額査定をした不動産業者に、そのまま売却依頼をしても、このエリアで探していたはずのお客の話も、何だかんだ理由を付けて消えてしまいます。

結局は、相場より高いまま不動産を売りに出し、時間だけが経過、あるとき不動産業者に売れそうもないので価格を下げませんかと提案されます。

これは不動産業者のシナリオ通りで、そもそも売れない価格で依頼を受け、少し時間を掛け、価格を下げて売却させます。

売却情報の鮮度は重要

 不動産の売却は、売りに出されたときが一番インパクトがあり、不動産を探している多くの方の目につくことになります。

しかし、相場より高いと価格に魅力がないため、誰も興味を持たないまま、単なる売れ残り物件となり、売却情報自体も古いものとなってしまいます。高額査定を信じて依頼しても、大切な不動産が売れ残り物件となる可能性があるのです。

そして、売れ残り物件から、リフォーム等の手を加えず売れる物件へと変えるには、値下げして、新たな価格で情報を更新する必要があります。

つまり、不動産の売却を希望するならば、結局は値下げすることになるのです。

査定の仕組みを認識する

 査定価格は競売やネットオークション等の入札とは全く違います。入札の場合は購入希望者が価格を提示し、最高値を付けた者が購入することができます。

しかし、不動産の査定に関して、多くの場合は仲介業者が査定を行うため、直接の購入希望価格ではありません。

従って、貴金属やブランド品の買取業者のように、提示された価格が高ければ即売却とはならず、実際は販売活動をしてみなければ・・・ということになります。

高額査定は任意売却に有利か?

 不動産の所有者は高額査定が出れば嬉しいものです。

任意売却も高額の査定が出れば、債権者も喜びますし、所有者にしても残債が無くなる可能性もあり、良いにこしたことはありません。しかし、現実には購入希望者がいる訳ではありません。

いくら高額の査定が出ても、買ってくれる人がいなければ、全く意味がありません、そのままでは任意売却が成立しないことになります。こればかりは、本末転倒としか言いようがありまあせん。

従って、任意売却の場合、一括査定は参考程度にとどめ、任意売却業者に相談し、査定してもらうのが望ましいでしょう。

任意売却と高額査定に関しては『高額査定で金融機関は本当に喜べるのか?』をご参照下さい。

○ 『相場より安い!?と感じることもある

○ 『安く売るの?間違いだらけの任意売却

○ 『残債はどれくらい?相談と価格査定は同時に!

○ 『残債の要因はマイホームの資産価値

○ 『安く買い叩けて得!?プロでも間違う任意売却の常識

○ 『任意売却を頼んだ業者に不信感があるときは?

上記の記事も合わせてどうぞ

任意売却の専門業者関連の記事一覧

任意売却情報満載の全記事一覧は任意売却テーマ

任意売却深夜の無料電話相談

電話相談はここをクリック