任意売却を決断したら実行する事

 住宅ローンが払えなくなり滞納が続くと競売で自宅が処分される事は知っていると思います。そして任意売却すると決まったら即行動してほしい事があります。

住宅ローンが払えない時の対処法

1.住宅ローンの引落し口座は預金を引出し利用しない。

2.給料や年金の振込口座と住宅ローンの引落し口座が同じであれば他の口座へ変更する。

任意売却で住宅ローンの返済口座の管理は非常に重要で、理由としては以下のようになります。

○ 銀行など民間金融機関の場合は住宅ローンの滞納が続くと口座がロックされ現金が引出せなくなることがある。 

○ 2番抵当以下の債権者がいる場合、口座に残高があると気づかないで返済を続けている事がある。

具体的には、旧住宅金融公庫の併せ貸しを利用していると、月々の返済が12万円と2万円弱だと口座に10万円残っていると公庫の返済は出来なくても、2万円弱なら5か月間は自動的に返済が出来てしまいます。

一方の金融機関には返済をしているのに、もう一方の金融機関には返済していない事が判明すると金融機関との調整が非常に難しくなる事がある。

マンションを任意売却する場合

 売却代金の中から管理費・修繕積立金の滞納分を支払うことを金融機関は認めてくれます。可能であれば、この支払いも住宅ローン同様に停止し、新生活の資金として蓄えに回していくことを強くお勧めします。

 住宅ローン以外の引落し

 預金口座から引落しされるのは住宅ローンだけではありません、光熱費や国民年金の納付を口座振替を利用していた場合、住宅ローンの返済に利用していた口座とは別の金融機関へ変更手続きをしましょう。

そして任意売却を依頼する業者が決まっていなければ早めの相談し競売による精神的負担の少ない時に任意売却を成功させましょう。

任意売却の業者選び

任意売却情報満載の全記事一覧は任意売却テーマ

任意売却深夜の無料電話相談

電話相談はここをクリック