残債があると車を差押えされないか?

 任意売却後も自動車を保有していて大丈夫でしょうか?残債があると差押えをされないかと心配する方がいます。任意売却で不動産を売却した人が、資産価値のある高級車に乗っているようなケースではないと想定して答えると大丈夫です。

 目 次

任意売却後の残債について

住宅ローンと自動車ローン

 自動車は地方にお住いの方にとっては大切な移動手段です、無くなれば通勤や子供の通学すら、出来ない可能性もあります。また、弊社に相談の多い自営業の方は、職種よっては自動車が無ければ、仕事が出来なくなる事を恐れ、住宅ローンは滞納しても自動車ローンは優先して返済を続けている方もいます。

この場合、住宅ローンの返済が滞ったことにより、自動車ローンの一括返済を迫られないかという問題も浮上します。

住宅ローンが払えない時の対処法

自動車ローンは返済の継続が最大のメリット

 問題となるのは、自動車ローンの契約条項で信用情報機関に金融事故の情報が登録(いわゆるブラックリストの登録)されると一括返済を求めることが可能としているからです。

しかし、自動車のローン会社にしてみれば遅滞なく返済されている限り、何もデメリットが無いので、他社の金融事故を理由に一括返済を求める可能性は低いでしょう。他社のローンは焦げ付いても、自社の返済をきちんと続けてもらえれば利息も付されますので、見込みのない一括返済を求めるより、完済してもらうことが結果的に利益も伴います。

自動車は生活必需品の場合も

 任意売却は不動産を担保にお金を借り、その返済が行き詰まり、競売による強制回収ではなく、自らの意思で不動産を売却して返済に充てます、住宅ローンでも事業用の不動産担保ローンでも同じです。

任意売却される方の多くは、不動産を売却しても全額返済出来ませんので、残債の返済については、債権者と相談することになります。

その中で週末にしか利用しない自家用車の維持費が高額で、残債の返済が少ないとなれば債権者の理解は得られないかもしれませんが、通勤に利用や仕事で必要な自動車を売ってまで返済を迫ることは通常ありません

残債の回収で自動車の差押えはハードルが高い

 金融機関やサービサー等の債権回収専門業者が、自動車を差押える場合、どのような条件が必要になるかを見れば、かなり難しいと納得して頂けると思います。

自動車差押えの要件

○ 債務名義の取得

○ 自動車の登録事項等証明書

上記の2つが必要となります。

債務名義の取得

 任意売却後に残債があるからといって、差押えが可能になる訳ではなく、裁判所の判決等で残債の存在を認めてもらうことです。結果、時効を10年間に延ばせるので、債権の保全効果もあります。

民間金融機関の住宅ローン等の不動産担保ローンが払えず、不動産を任意売却すると、残債はサービサーへ債権譲渡されることがほとんどです。

サービサーが裁判を起こし、債務名義を取得するのは、最近増えていますが、特に自動車を差押える目的ではなく、前述した債権の保全や心理的圧迫を与えるためのように思えます。

自動車の登録事項等証明書

 陸運局で発行してもらえる書類ですが、以前は自動車のナンバープレート(自動車登録番号)のみで簡単に取得できました。

しかし、平成19年11月より犯罪利用の防止や個人情報保護の目的により、自動車の登録事項等証明書を取得するには自動車のナンバープレート(自動車登録番号)の他に車体番号も必要になりました。

従って、自動車を販売した業者であれば分かりますが、その他の者が把握するにはボンネットを開けてみたり、車検証でも確認しない限り調べる方法がなく、債務者本人が協力しなければ難しいでしょう。

本人名義の自動車の確認自体が困難

 その他の点では、所有者と債務者の名義が一致している必要があります。家族名義やローン中でクレジット会社名義の場合もあり、その様なケースでは差押えることは不可能です。

そもそも、債務者が自動車を保有しているか?その確認も債権者側が行わなければならず、仮に所有していれば自動車を差押え、不動産と同様に裁判所での競売は可能となりますが、費用対効果を考えれば、得策とはいえないでしょう。

ちなみに、同じ自動車でも軽自動車の場合は、登録制度自体がないため自動車の差押えではなく、動産として差押える必要があります。

自動車ローンの滞納について

 現在では自動車ローンにも残価設定クレジット等もありますが、どれも返済ができなくなった場合、ローン会社の名義であれば、自動車の引き上げといい、ローン会社に自動車を引き渡すことになります。

そして、ローン会社は自動車を売却、不動産の任意売却同様に残債があれば請求されることになります。ただし、自動車ローンの滞納でも自動車自体が古く、無価値のような場合は、引き上げをしてもらえないケースもあり、廃車にしたければ、残債の返済も含めローン会社と話し合いになります。

任意売却検討中で自動車が気掛かりな場合

 任意売却を検討していて、どうしても自動車が気掛かりであれば、ご家族等の身内に売却して、名義変更後に使用させてもらう形を取れば、多少不安は和らぐかもしれません。

その際、任意保険の切替で保険等級が変わり保険料の増額になる事もありますので慎重に検討しましょう。また、自動車ローンで購入の場合、完済後は早めに所有権解除の手続きを取り、その後、同様に売却・名義変更の流れとなります。

※ 生活に必要程度の自動車の利用についての記載で、資産隠し等を推奨している訳ではありません。

任意売却は大抵の方が初めて経験で、分からない事や不安な事がたくさんあります。けれども、実際に任意売却業者に質問してみると意外に簡単に返答され、大した問題ではなかった・・・と後で思うこともあります、どこの業者も任意売却の相談は無料なので積極的に活用し後悔しない任意売却をしましょう。

○ 『残債を払う必要はあるか!?

○ 『債権者の逃げた債務者の探し方

○ 『任意売却の残債で税金の負担が減ることも!

○ 『競売回避と残債の問題を同時解決が難しい理由

○ 『残債を0円にする方法!その情報は特別なのか!?

○ 『任意売却後もしもETCカードが使えなくなったら

○ 『厳しい取立は税金!残債の返済中に敷金を差押え

上記の記事も合わせてどうぞ

差押え関連の全記事一覧

任意売却後の残債関連記事の全一覧

任意売却情報満載の全記事一覧は任意売却テーマ

任意売却深夜の無料電話相談

電話相談はここをクリック