リースバックの選択肢は絵に描いた餅

 個人の方なら住宅ローン、自営業の方や中小企業の経営者は事業用ローンなど不動産を担保にした借金は延滞すると不動産を売却して返済します。このことを不動産の任意売却と呼んでいますが、この任意売却にも大きく分けて2つのタイプに分かれます。

完済できるか・できないか

 1つは不動産を売っても全額返済できないケース、もう1つは不動産を売ると全額返済できるケースです。任意売却で不動産を手放す方のほとんどが前者です、よって不動産の売却価格も債権者の承認が必要になり、自由な価格で売ることは出来ません。また、売却しても残債の返済も考えていかなければなりません。

完済できれば自由に売れる

 後者のケースは月々の返済は出来なくなったが、売ればすべて返済できるので、全額回収できれば、債権者も売却価格に注文を付ける必要はありません。つまり、身内に多少安く買ってもらい、賃貸で住むことや投資家に売却し、賃貸で住むリースバックの選択肢もでてきます。ただし、借金を完済できる方は極めて稀で望んでも、まず不可能です。

救いの手のように

 最近ではこのリースバックが注目され、住宅ローンで悩む人々と投資家をマッチングして、解決へと導くような表現が多くみられます。子供の学区の問題など、賃貸になっても住み続けたいという思いで、相談する方は多いと思います。

目安としては、ご自身の不動産が売却すれば借金を完済できそうであれば、リースバックも可能かもしれません。しかし、そうでなければ住み続ける事はできず、売却後の引っ越しは避けられないでしょう。

○ 『リースバックは何年住めるか?

○ 『住み続けられる任意売却は本当か?

○ 『安易なリースバックに注意!投資家が購入する理由

○ 『友人を助けたい!リースバックしてあげる時の注意点

上記の記事も合わせてどうぞ

リースバック関連の全記事一覧

任意売却情報満載の全記事一覧は任意売却テーマ

任意売却深夜の無料電話相談

電話相談はここをクリック