任意売却を依頼して競売になったら費用は発生する?

 任意売却業者は皆口をそろえて早めの相談が有利と言いますが、それは本当です。

時間が無くなるというのは、最終的に競売によって自宅等の不動産が売却されてしまうことです。その競売で処分される前に金融機関と交渉し、任意売却で不動産の取引を行わなければなりません。

任意売却の相談が早ければ競売まで時間があるので、ある程度の予定を立てながら任意売却を進めることが可能になります。任意売却業者にとっても非常に仕事がしやすい状況と言えます。これはお客様にとっても好都合で競売の可能性を格段に下げることになります。

しかし、任意売却では通常の不動産取引では必要のない金融機関や役所(両者ともに債権者という)との交渉があり、相場といくらかけ離れていても、債権者が提示する金額以上での売却以外認めないケースもあり、任意売却業者の努力もむなしく競売になってしまう事があります。

任意売却は成功報酬

 本題に入ります。任意売却業者はお客様から相談を頂き、その後、任意売却の依頼を受けますが、その際、不動産の売却に向けた調査や準備にそれなりに費用が掛かります、その結果が不本意ながら競売になってしまった場合、それまでの経費も含め、費用は発生するのでしょうか?

通常、その費用は一切請求されません。任意売却業者はお客様から依頼を受けたら、任意売却で取引を終えなければ報酬は一切頂けず、むしろ、それまでの費用は任意売却業者の自腹です。

任意売却業者は依頼を受けたお客様の不動産が競売になっても得することは何一つ無く、全くの赤字となってしまいます。

目標は依頼者と同じ

 任意売却は完全な成功報酬なのです、また、その報酬も任意売却の場合は債権者が経費として売却代金の中から認めてもらえるので、お客様が用意する必要はありません、金銭的な負担なく安心して取引できます。

任意売却はお客様の望みを叶えることで成り立つ仕事で、目標も同じです、依頼している業者に不満や不安があれば、早めに他の業者に相談することも必要です。

残された時間は限られているので無駄に費やさないよう注意しましょう。

○ 『競売になると仲介手数料や他の費用は発生しない

○ 『競売開始決定後の任意売却は金融機関の厚意で可能

○ 『競売を避けたい理由は任意売却との精神的負担の差

○ 『無いと不可!専門業者が教える任意売却に必要な免許

○ 『任意売却を頼んだ業者に不信感があるときは?

○ 『競売申立後は要注意!頼むなら専門業者がベスト

○ 『競売より高く売れるとは限らない

○ 『競売回避のメリットが無い場合とは

○ 『名義変更で競売を止められるか?

上記の記事も合わせてどうぞ

競売関連の全記事一覧

任意売却の専門業者関連の全記事一覧

任意売却情報満載の全記事一覧は任意売却テーマ

任意売却深夜の無料電話相談

電話相談はここをクリック