任意売却後の残債に利息は付くのか?返済の疑問

 住宅ローンが払えなくなり任意売却を検討すると、残債の返済についても考えるものです。気にされているのは任意売却後の残債を返済していく場合、その残債に対しても利息が付くのか不安になるようです。

住宅ローンを借りる時の契約書上では遅延損害金という名目で大抵の金融機関は14.5%の利息で計算します。つまり残債に対しては14.5%の金利が付くことになります。例えば、残債が1,000万円あると年間145万円の利息が付く計算になります。月にすると約12万円の利息です。この返済が可能なら任意売却もしていなかったと思います。

住宅ローンが払えない時の対処法

無い袖は振れない

 金融機関は残債に対して金利も請求できますが、実際には返済してもらえるかは別の話になります。もともと住宅ローンが約束通りに返済できず、任意売却に至るのに、その後、残債に遅延損害金も含めて返済していくのは到底無理な話で、まさに無い袖は振れないです。

民間金融機関の場合は債権譲渡される

 銀行等の民間金融機関の場合、大抵の住宅ローンは代位弁済後に保証会社と任意売却の交渉をします、無事に任意売却が済むと残債はサービサーに債権譲渡されることがほとんどです。

任意売却された方は新しく債権者となったサービサーと交渉し、引越し後の新生活を送りながら無理のない範囲で残債の返済をしていきます。その際には大幅な減額での和解ができるケースもあり、債権譲渡されても特に心配する必要ありません。

また、仮にサービサーが無理な返済を迫るようであれば、自己破産も選択肢としては残っていますので、そうなると残債の利息どころではなく、回収額が¥0になってしまいます。返済能力を失った方に厳しい取立をしても時間の無駄でしかありません。

代位弁済の関連記事の一覧

サービサー関連記事の一覧

住宅金融支援機構は残債の取扱いがはっきりしている

 住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の場合は任意売却に関する申出書という書類にサインしてから任意売却を進めます。

その中には『残債務を完済できない場合には、延滞損害金を減額又は免除していただくようあらかじめお願いします』という文言が記されており、残債に対して利息は付けないとしています。ただし、住宅金融支援機構は現在のところ、債権譲渡や債権放棄はしないので返済し終わるまで住宅金融支援機構に払い続けることになり、民間金融機関と取扱いが異なる部分です。

また、住宅金融支援機構は残債の回収業務をサービサーに委託しますので任意売却後に債権譲渡されたと思われるかもしれませんが、あくまでもサービサーが住宅金融支援機構の依頼を受けて回収業務を行っているだけなので債権譲渡ではありません。

○ 『残債を0円にする方法!その情報は特別なのか!?

○ 『任意売却の残債で税金の負担が減ることも!

○ 『債権者の逃げた債務者の探し方

○ 『競売後の残債についての相談先は!?

○ 『残債はどれくらい?相談と価格査定は同時に!

○ 『競売回避と残債の問題を同時解決が難しい理由

任意売却後の残債関連の全記事一覧

任意売却情報満載の全記事の一覧は任意売却テーマ

任意売却深夜の無料電話相談

電話相談はここをクリック