不動産を直接買取るダイレクトメールは何が目的か?

 金融機関に競売の申立てをされた方や役所から差押をされている方の手元には『不動産を直接買取ります』等と書かれたダイレクトメールが届くことがあります。困っているときに届くダイレクトメール、言葉通りに解釈して大丈夫?自分にとってプラスの話?判断するのは難しいと思います。

なぜ直接買取りするのか?

理由1 安く仕入れるため

理由2 単に所有者と連絡を取る手段

上記2つを順番に説明します。

理由1 不動産も商品になる

 一度買取ったマンションや一戸建てはリフォームして転売します。再度販売して利益を得るには安く買取る(仕入れる)必要があるため。

小売店は店頭に並べる商品を売値より安く仕入れなければ商売にはなりません、不動産も仕入れ価格に関しては同様です。

理由2 ほとんどの方がこちらに該当

 ダイレクトメールを送ってくる業者も直接買取れるとは、あまり考えていません。それは、理由1の安く仕入れるためが、実際は困難だからです。当初、直接買取りで連絡をもらい、難しいとの理由で任意売却の依頼へ切り替える営業方法のひとつです、よく見ると仲介もできます等と記載されているのではないでしょうか・・・

任意売却とは

所有者にしてみれば、競売の申立てをされ不安な中、買取してもらえれば競売が回避できると考えてしまいます。

しかし、競売の申立てをされている方は、不動産を売ってもローンの残債が上回る債務超過の状態が多く、この場合、金融機関の同意を得て、任意売却できますが不動産業者自ら、直接買取る交渉は、大抵まとまりません。

それは当然で、任意売却するならば金融機関は適正な価格での売却を望みます、直接買取る場合、多くの利益を見込んだ買取価格(仕入れ価格)になるため低い傾向にあり、金融機関が同意する価格には、ほど遠い結果になるからです。

関連記事好条件の買取りは金融機関にとっては悪条件の事も

直接買取りが可能な場合

 早い話、不動産担保の借金を全部払えば、金融機関も同意しますので、買取り価格が残債を上回る事が条件となります。そうであれば買主が誰で、いくらで買うかは何も問題にはなりません。

しかし、直接買取りが可能な場合、不動産業者の言い値の可能性もあります。できることならば数社に査定依頼をして買取り価格が妥当か判断してから決断しましょう。

競売の申立てでお困りの場合

 競売申立て後の任意売却は決して簡単ではありませんが、適正な価格での売却であれば金融機関も同意する可能性は高くなります。

任意売却では様々なメリットが享受できるような印象をお持ちかも知れませんが、該当する方は少数です。貴重な時間をムダにしないためには多くを望むより、競売回避に専念することが重要です。

詳しく知る競売回避

○ 『税金の延滞金は下がっても・・・

○ 『不動産が差押えられた、どうなるの?

○ 『競売開始は裁判所から役所にも連絡がある!差押えは任意売却の障害に

○ 『役所の差押えが障害に!税金や保険料の未納で競売も

上記の記事も合わせてどうぞ

競売関連の全記事一覧

任意売却情報満載の全記事一覧は任意売却テーマ

任意売却深夜の無料電話相談

電話相談はここをクリック