任意売却後もしもETCカードが使えなくなったら

 任意売却はしたいけど、ETCカードが使えなくなると困る方は意外と多いのではないでしょうか?

特に仕事で自動車を利用する人にとって今は必需品かもしれません。サラリーマンであれば会社からETCカードは貸与してもらえるので、さほど心配いりませんが自営業の方などは本当に困ってしまいます。

まず、ETCカードはクレジットカードの追加カードなので、そのクレジットカードが使えなくなると同時にETCカードも利用できなくなります。

誰もが心配な任意売却後のクレジットカードの取り扱いについてはカード会社にもよりますが特にクレジットカードの支払いで延滞等がなければ通常はそのまま使えます。その後、使えなくなるとすればクレジットカードの有効期限もって終了し、新規のクレジットカードに更新してもらえないケースです。

では、不幸にも任意売却後にクレジットカードが更新されず利用できなくなった場合、ETCカードは諦めなければならないのでしょうか?

そんな事はありません。クレジットカードを作らなくてもETCカードを手に入れる方法があります。

1 ETCパーソナルカード

2 某組合ETCカード(自営業者・法人限定)

のETCパーソナルカードとは高速道路会社の6社が共同で発行するETCカードです。特徴はデポジット制といい保証金を預託してETCを利用するサービスになります。保証金の額によりETCの利用額に制限が出ますので利用額が多ければ、多額の保証金が必要になります。

は自営業者・法人限定になりますが、某組合の会員になると組合を通じETCカードを持てる方法です。特徴は毎月のETC利用額に対して数%の手数料を請求されます。

※ 某組合としているのは組合の宣伝ではないので、あえて組合名は伏せています。

保証金や組合加入など面倒な手続きなくプリペイド式のETCカードはないかと思いますが現在その様なカードはありません、理由は全くの想像ですが残高不足でETCレーンに侵入した場合など後続車に対する影響を考えただけでも危険がいっぱいだからではないでしょうか・・・。

任意売却情報満載の全記事一覧は任意売却テーマ

任意売却深夜の無料電話相談

電話相談はここをクリック