元夫が破産!共有名義の家は?問題は離婚後に起こる

 自宅を夫婦二人の共有名義にしている場合、離婚後に以下の三つとも該当する方は意外に多く、後々、大変なトラブルに発展する可能性があります。

○ 住宅ローンが残っている。

○ 住宅ローンを借りている元夫が返済していく約束。

○ 元夫が家を出て残りの家族が住み続けている。

 離婚を優先させ、生活の基盤があるため、そのまま住み続けた結果、深刻な事態に陥る事があります。元夫が約束の通りに住宅ローンが払えなくなり、自己破産をすると、どうなるでしょうか?

元夫の持分は通常、破産管財人が処分することになり、共有持分のみの売却では難しく、妻の持分と合わせて任意売却を持ち掛けることになります。

破産管財人の任意売却

もちろん金融機関も、元夫の自己破産が開始されれば妻も持分があるので、任意売却に協力しないことも念頭に、早期の競売申立てを行う可能性も高くなります。こうなると、元夫名義の住宅ローンを完済しない限り、不動産の売却は避けられません。つまり、任意売却しなければ確実に競売へ進行します。

住宅ローンが払えない時の対処法

 幸い元夫は自己破産しているため、破産管財人と協力して任意売却を進めるので、元夫の同意は必要ないのが、せめてもの救いかもしれません。あまり時間的な余裕はありませんが、任意売却は可能なので競売回避には早めの相談が大切です。

離婚後の問題として住宅ローンの連帯保証人や連帯債務者になっている場合も問題は深刻です。

○ 『連帯保証人を外れるには

○ 『任意売却で連帯保証人の自宅はどうなる?

○ 『連帯保証人が返済の請求をされたときの対処

○ 『連帯債務者がいても大丈夫?連帯保証人との違いは?

○ 『元妻が連帯保証人*離婚後の住宅ローン滞納の対処法

上記の記事も合わせてどうぞ

任意売却と連帯保証人関連の全記事一覧

任意売却情報満載の全記事一覧は任意売却テーマ

任意売却深夜の無料電話相談

電話相談はここをクリック