無いと不可!専門業者が教える任意売却に必要な免許

 以外かもしれませんが、お客様から依頼され任意売却を行うには、ある免許が必要になります、金融機関とのやり取りもあるので弁護士や司法書士、行政書士等の法律関係の士業の先生方を想像してしまうかもしれません。ところが、士業の先生方でも任意売却の相談は出来ますが、本来の目的の任意売却そのものは出来ません。

任意売却の専門業者

任意売却は宅地建物取引業の免許 

 任意売却にはどの様な免許が必要なのか? それは一般的に不動産業の免許ですが正確には『宅地建物取引業』の免許で都道府県知事、または国土交通大臣より与えられます。

何故、『宅地建物取引業』の免許なのかは売却の理由は何であれ、人様の財産を売るお手伝いをして報酬を得る事には変わりはないからです。もっと簡単にすると不動産売却の仲介をして仲介手数料を頂くから『宅地建物取引業』の免許が必要になります。

今現在、任意売却の相談は様々な窓口がありますが不動産業者でない場合、最終的に売却を決断すると、提携してる不動産業者が任意売却のお手伝いをすることになります。

つまり、任意売却の相談と売却が別々の者が行うことになります。任意売却をメインに行う不動産業者に相談した場合は直接依頼でき、そのまま任意売却の手続きへと進めるのでスムーズに行うことが出来ます。

ただし、手間が少なくスムーズだから良い悪いではなく安心して任せられるか?すべてに関して人が係ることなので、担当者との相性や話しやすさなど色々あると思いますので、いくつかの窓口や不動産業者に相談してから決断するのも悪くないと思います。

※   任意売却の仲介手数料は売却代金の中から支払うことを金融機関が認めてくれるので、お客様が用意する必要はありません

○ 『任意売却業者のお勧めサイトで注意すること

○ 『金融機関に業者を紹介されたら確認すること

○ 『リースバックの相談で選ぶならどちらの業者!?

○ 『【重要】相談で判断するのは業者の対応が安心か!?

○ 『競売を避けたい理由は任意売却との精神的負担の差

○ 『メール相談は業者選びのポイントにもなる

○ 『任意売却を頼んだ業者に不信感があるときは?

○ 『任意売却のデメリットは失敗の可能性も未知数

○ 『住宅ローンの滞納前に出来ることは?

上記の記事も合わせてどうぞ

競売関連の全記事一覧

任意売却の専門業者関連の全記事一覧

任意売却情報満載の全記事一覧は任意売却テーマ

任意売却深夜の無料電話相談

電話相談はここをクリック