一般媒介でも可能か?専任媒介が必要な訳

 任意売却を依頼すると必ずと言っていい程、任意売却業者は専任媒介にこだわります。

 まず、専任媒介とは何か?ですが不動産売却(任意売却を含む)の依頼をするとき、お客様は不動産業者と契約を結びます。その契約の種類が3つありますので簡単に記載します。

任意売却専門業者関連記事

○ 一般媒介契約

 複数の不動産業者に依頼することが可能

○ 専任媒介契約

 1社に限定して依頼することが可能

○ 専属専任媒介契約

 1社に限定して依頼、依頼者自身が買主を見つけても仲介手数料が必要。

 通常の売却であれば一般媒介で複数の業者に依頼し、時間を掛け価格調整を行いながら売却するのが売主にとってはメリットがあるかもしれません。しかし任意売却には、そこまで時間的余裕がありません。

また、専任媒介は任意売却業者だけでなく債権者にとっても好都合なのです。任意売却は通常の売却のように所有者の意思だけでなく、売却価格について債権者の承認や細かな調整も必要となり、この部分が大変重要になります。

任意売却を一般媒介で複数の業者に依頼すると債権者との連絡もそれぞれの業者が行うため、債権者もその対応だけで一苦労です。そのためなのか住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)も任意売却には積極的ですが依頼の際は専任媒介もしくは専属専任媒介を結ぶようパンフレットにも記載しています。

そして、弊社のような任意売却業者も専任媒介は取引を終えれば成功報酬という形で仲介手数料を頂戴できますので業務に専念することができます。つまり、任意売却業者が専任媒介を求める訳は依頼者・債権者・任意売却業者の三者にとってメリットがあるからです。

それゆえ任意売却の業者選びは大切になりますが、本来の目的である競売回避には出来るだけ早く相談することが任意売却成功への第一歩になります。

 ※ 任意売却も一般媒介での依頼が禁止されている訳ではありません。

任意売却専門業者関連の全記事一覧

任意売却情報満載の全記事一覧は任意売却テーマ

任意売却深夜の無料電話相談

電話相談はここをクリック