マンションの管理費・修繕積立金は払っても大丈夫?

 マンションを任意売却するとき、販売期間中の管理費・修繕積立金を払うかどうかでお客様は大変悩みます、任意売却中でも早めに引っ越してしまい、そこに住んでいなければ良いのですが、大抵は買主に引き渡す直前まで住んでいます。

任意売却業者としては管理費・修繕積立金の支払いも止めて、月々の支出をなるべく抑え、新生活の準備のため貯蓄を増やすようアドバイスしたいところですが、個人情報の保護が求められる現在でも総戸数の少ないマンションや自主管理の場合、誰が管理費・修繕積立金を滞納しているかなど、噂になる可能性もあります。

せっかく競売回避のために任意売却を選択しても精神的な負担が大きければ、新生活のためと割り切っても管理費・修繕積立金の支払いを止めることに躊躇するのも理解できます。自分一人ならまだしも子供の同級生も住んでいるような場合は当然です。

マンションの任意売却では管理費・修繕積立金を滞納しても売買金額の中から支払うことを金融機関は認めてくれます、そんな訳もあり任意売却中は管理費・修繕積立金の支払いをストップすることを提案します。

しかし、お客様の事情で管理費・修繕積立金の支払いを継続されても問題はありません。また任意売却だから管理費・修繕積立金の支払いを止めなければならない理由もありません。

任意売却情報満載の全記事一覧は任意売却テーマ

任意売却深夜の無料電話相談

電話相談はここをクリック