引っ越し費用の資金計画を考えてみる

 任意売却をするということは自宅であれば引っ越しが必要になります。まれに投資家に購入してもらい、そのまま賃貸で済み続けるケースもありますが残債が多い場合、大抵の人は難しいでしょう。そして、実家などに身を寄せるなど次に住む場所が決まっている方は引っ越し先について心配が少ないかもしれません。

しかし、それ以外の方は引っ越し先についても考えておかなければなりません。大抵は賃貸住宅を借りることになりますが、その際発生する費用は家賃の4~6か月分位の金額が必要になり、とても大きな負担になります。

任意売却において、この引っ越し費用は債権者が売却代金から認めてくれる場合もありますが引っ越し業者への費用・賃貸住宅の契約費用・不用品の処分費用を計算すると決して十分な額でありません、それでも引っ越しは避けて通れません。

どのように工面すればいいか不安になりますが、任意売却は今日、明日で済む話ではありません、お客様の置かれている状況にもよりますが、返済が滞り任意売却へと至るには既にローンの返済はストップしています、任意売却開始から売買契約が成立し引き渡しに至るまで、これから必要な家賃相当額を毎月貯蓄に回していけば十分用意できます。

また、毎月その貯蓄が難しいのであれば、家賃の設定金額を考え直さなければなりません。早めに任意売却の相談をして決断された方は、こうしたアドバイスにより任意売却中も計画性を持って生活を送る事ができます。

任意売却情報満載の全記事一覧は任意売却テーマ

任意売却深夜の無料電話相談

電話相談はここをクリック