住宅ローン以外に借金が多くても任意売却は可能か?

 普通のサラリーマンで住宅ローンの返済が年収の3割近くを締め、他に借金があれば返済が追いつかない状態と言えるでしょう。

住宅ローンが払えない時の対処法

 この段階で任意売却を知る方も多く、競売を避ける方法としては一般的となりつつあります。しかし、任意売却は多少理解しても、住宅ローン以外に借金があると任意売却は出来るのか?ふと疑問になる方もいるようです。

いわゆる多重債務者の任意売却です。

住宅ローン以外の借金は自宅購入後にできたケースが多く、住宅ローンの返済が日々重くのしかかり、何かをきっかけに足りない分をカードローンで補い、膨れ上がった結果、返済不能に陥るなど、理由は様々です。

ここで結論から申しますと任意売却は可能です。

上記のようなケースも住宅ローンという不動産担保の借金と無担保の借金の2種類に分けられます。任意売却は担保の不動産を売却しますので売却価格によって回収額が変わり、満額回収できなければ金融機関との調整も必要になりますが、多くの金融機関は任意売却に協力してくれます。

その際、元々、無担保のカードローンや消費者金融等に対し、自宅売却の承諾を得る必要はありません。簡単に書きましたが、この無担保の借金も返済が滞れば裁判所に提訴され、仮に任意売却で住宅ローンは完済、手元に現金が残るような場合は注意が必要です。

理屈から言えば無担保の借金でも裁判所の判決(債務名義の取得)をもとに売却代金が入れてある口座を差押えることも可能になります。任意売却と関係ないからと、そのままにしているのは得策ではありません。

また、無担保の借金は住宅ローン等と比べ、催促も厳しく、場合によっては給与の差押えに発展することもあります。

そして、任意売却が終了しても住宅ローンが返しきれない場合(ほとんどの方がそうですが・・・)、カードローンや消費者金融と同じ、無担保の借金として残りますので、返済可能かどうかも含め対応を決めることになります。

お客様が依頼した業者であれば、任意売却後のサービスとして大抵はアドバイスもしてもらえます。

任意売却情報満載の全記事一覧は任意売却テーマ

任意売却深夜の無料電話相談

電話相談はここをクリック