住宅ローンの返済を止めて自宅を売らずに済むの?

 任意売却について検索していると出現する『自宅を売らずに済む』、この言葉はとても魅力的です。本当に売らずに済めば、子供の転校など悩みも減り、家族もさぞ助かることでしょう。果たして、こんな都合の良いことが出来るのか? 冷静に考えると思ってしまいます。

 住み続けられるはコチラ

目 次

リスケジュール

 収入が一時的に減少した等、ある一定期間だけ返済額を減らせれば、その後は返済していく見込みがある場合、金融機関と相談すれば比較的柔軟に対応してもらえます。ただし、減額がずっと続くわけではなく、返済を少し後回しにした形なので、その分のしわ寄せが後から発生します。

この様な方は、リスケジュールの前に生命保険やスマホ利用料など、家計の見直しでも対応していける可能性もあります。

○ 『家計の見直しで売らずに済む方法

○ 『リスケジュール出来ても問題は先送り

2つの記事も合わせてどうぞ。

個人民事再生(住宅ローン特別条項)

 住宅ローン以外の借金が重荷になり、住宅ローンが払えない方が対象になります。他の借金が減れば、住宅ローンの返済が可能になる方は、他の借金を法的に整理する、個人民事再生(住宅ローン特別条項)があります。

個人民事再生(住宅ローン特別条項)のメリットは自宅を残せること

 住宅ローン以外の借金として分かり易く、以下はワンルームマンションやアパートのローンとして説明しますが、他の無担保の借金でも同じです。

ワンルームマンションやアパートのローンの返済が重荷で、住宅ローンが苦しくなり、投資物件の売却を検討しても、ローンの完済が見込めず悩んでいた場合など、まずは投資物件を任意売却し、条件次第で自宅は残せる方法です。

個人民事再生は弁護士に依頼

 この制度を利用するには、弁護士に依頼し個人民事再生(住宅ローン特別条項)という法的手続で、他の借金は整理圧縮して返済します。住宅ローンについては返済を継続、自宅を売らずに済むことが可能になります。

個人民事再生の主な要件

○  ワンルームマンションやアパートのローンであれば任意売却後の残債等、無担保の借金が5,000万円以下(住宅ローンは除く)

○  自宅が不動産投資等、他の債権者の共同担保になっていない

○  個人再生のうち小規模個人再生の場合、債権者の異議が無いこと

○  他の借金が無ければ住宅ローンはしっかり返済できる

 残債が100万円以下にはなりませんが、残債に対し1/5~1/10の金額を3年~5年で返済していく再生計画が認められれば、自宅については残すことが出来ます。

つまり、投資物件は任意売却で処分、残債は個人(民事)再生で減額となりますが、同時に住宅ローンも返済する多重ローンになりますので、返済していくだけの継続した収入が見込めるかもポイントになります。

また返済額には、最低弁済額の基準があります。

個人(民事)再生の最低弁済額の基準

住宅ローン以外の借金総額最低返済額
100万円未満 同 額
100万円~ 500万円未満 100万円
500万円~1,500万円未満5分の1
1,500万円~3,000万円未満300万円
3,000万円~5,000万円以下10分の1

個人(民事)再生の注意点

自己破産のデメリットに似ています。

○ 住宅ローンが自宅の評価額より少ないと、差額は資産とみなされます。

例として

アパートを任意売却 残債が1,000万円

自宅の評価額2,000万円(住宅ローンの残債1,500万円)

アパートの残債は5分の1で200万円となりますが、自宅が住宅ローンを差引いても500万円の資産があるとみなされます。

この様な場合、債権者(お金を貸している者)に対して清算価値保証の原則があり、200万円ではなく500万円を返済しなければなりません。

 住宅ローン特別条項の利用には、住宅ローンが資産価値を上回るオーバーローンのほうがメリットを享受しやすいということになります。

近年、低金利を背景にサラリーマンの不動産投資も盛んになっていますので、不動産投資での借入れが家計を圧迫し、住宅ローンの返済もままならないようであれば、一刻も早く御連絡下さい。

売らずに済むはのは住宅ローンが払えるとき

住宅ローンが払えないとき

 リスケジュールも個人民事再生も、結果的には住宅ローンが返済できることが前提です。任意売却を選択する人の多くは、住宅ローンの返済が厳しく生活苦に陥っています。つまり任意売却を考え始めた方に、該当者は少なく選択肢にならない状況です。

任意売却は正しく理解し貴重な時間を無駄にすることは絶対にやめましょう。

○ 『残った選択肢は何か!?消去法で考えればよく分かる

○ 『返済不能の住宅ローン!自宅を売却しない方法は誰でも可能か?

○ 『任意売却は必要?売らずに済む方法を考える

○ 『住宅ローンを延滞!すぐ自宅は競売になるのか?

○ 『競売申立後の相談は残念な結果も

○ 『名義変更で競売を止められるか?

上記の記事も合わせてどうぞ

任意売却よくある話

滞納前に出来ること関連記事の一覧

任意売却の専門業者関連の記事一覧

任意売却情報満載の全記事一覧は任意売却テーマ

任意売却深夜の無料電話相談

電話相談はここをクリック