親族間・親子間売買を成立させるには

 住宅ローンが払えなくなると自宅を売らずに済むことを考えたくなります。

住宅ローンが払えない時の対処法

しかし、住宅ローンという借金の返済が困難であれば、やはり売却は避けられないと分かり、同じ売却でも他人ではなく親子間や身内などの親族に売却できるならと、初めて任意売却の相談をする方が多くいらっしゃいます。

これ自体は問題ありませんが、親子間や親族間で任意売却を希望する場合、確認して欲しいことがあります。

上記3つがポイントになります。

任意売却すれば住宅ローンを完済できる場合

 任意売却しても住宅ローンを完済できるので買手が親子や親族でも問題ありません。

任意売却しても住宅ローンが完済できない場合

 任意売却後に残債がある場合、最初から親子や親族間で任意売却することを前提に債権者と交渉することは少々困難です。

大抵の方は不動産の価格より住宅ローンの残りが多くオーバーローンの状態で自宅を任意売却します。その際に債権者(金融機関)は高く売れば、それだけ多く借金の回収が出来ます。任意売却するには債権者の同意なくして話は進みません。

親子や親族間で任意売却を希望される方は他人であれば、やはり高値で売却したいが身内となると負担が軽減できるようにと低い価格での売却を希望します。債権者にしてみれば売主の都合で安く任意売却して回収額を減らすなど認めることはありません。

完済出来ない場合の親子間売買は?

 住宅ローンが完済できないときに親子間・親族間で任意売却をする場合、まずは任意売却業者が債権者と交渉し販売開始価格を決定します。販売開始後に一般市場で買手が現れなければ、親子や親族が購入を希望しても基本的には債権者は認めてくれるでしょう。

つまり、親子間・親族間の売買が前提ではなく、まず債権者が認める価格で一般の不動産市場で任意売却を開始、その後、親族や身内が購入を申し込むという流れになれば成功する可能性が上がります。

購入資金が用意できるかが最も大事

 債権者が親子や親族間売買を認めても、肝心の購入資金が用意できなければ絵に描いた餅です。購入者が同居する家族等のケースでは通常の住宅ローンですと購入者の属性が良くないと借りることが相当に難しいでしょう。

それでも、親子や親族間の任意売却もケースは人それぞれなので適正価格での売買を希望する場合、あきらめずに御相談下さい、購入者の資金計画についても提案させていただきます。

親子間売買がダメならリースバックは?

 親族間・親子間売買が無理なら、『リースバックができないか?』と考える方も多いのですが、相談したら無理だと気付いた方も多いと思います。実際は成立させるには条件が厳しく、ご期待に沿えない方がほとんどです。

任意売却の時間は限られています、リースバックという言葉に惑わされないよう冷静な判断が必要です。

○ 『親子間売買の任意売却が難しい例

○ 『リースバックは何年住めるか?

○ 『リースバックは残債があると難しい

○ 『住み続けられる任意売却は本当か?

○ 『返済不能の住宅ローン!売却しない方法は誰でも可?

上記の記事も合わせてどうぞ

リースバック関連の全記事一覧

任意売却情報満載の全記事一覧は任意売却テーマ

任意売却深夜の無料電話相談

電話相談はここをクリック