住宅ローンの返済が無理ならば最優先に考える事は?

 実際は1つの事なのですが2つに分けて考えた方が良い場合もあります、それは住宅ローン滞納時の場合です。

住宅ローンが払えない時の対処法

 住宅ローンが払えなくなると2つの問題が出てきます。一つは住宅ローンという名の借金の問題、もう一つは現在、住んでいる自宅の問題です。真面目な方にありがちなのが、住宅ローンが払えなければ自己破産が必要と思い、すぐに手続きを開始してしまう事です。先に借金の問題は解決しますので気持ちの整理はつくかもしれません。

しかし、自宅の問題を解決しないまま自己破産してしまうと、自宅を自ら売却した場合と比較して借金が、どれくらい残るかも判断できません。あるいは借金がほとんど残らない可能性もあります。そう考えると、普通なら、『ちょっと待てよ!?』と思いませんか? そうは言っても住宅ローンが払えず悩んでいる最中に冷静な判断は難しいでしょう。

住宅ローンの場合は自宅を担保にお金を借りていますので、まず、自宅を売って借金自体を減らし、残った借金(残債)については、その後対応していくのが望ましいと思います。残債に対して一切返済の意思が無ければ自己破産も選択できます、又は少し残ったのできっちり返済する事もできます。

つまり、住宅ローンが払えなくなっても2~3か月で家を追い出されるようなことはありませんので、慌てずに対応を考える事です。返済出来ないのであれば自宅を手放さずに済む方法は、ほぼ無いので売却は避けられないと思いまが、それでも自分の意思で売却すれば通常の売買とほぼ変わりなく売る事が可能です。

そこで初めて借金がどれくらい残ったかが分かるのです。実際に借金をどこまで減らせるか試みず自己破産して後々、後悔しなければと常々考えてしまいます。

任意売却情報満載の全記事一覧は任意売却テーマ

任意売却深夜の無料電話相談

電話相談はここをクリック