住宅ローンの滞納は金融機関に相談して解決する?

 住宅ローンが払えないときは、まず金融機関に相談というインターネット上のアドバイスを見かけます。金融機関に対して払えない理由を伝える機会にはなりますが、問題が解決することは少ないと考えるべきでしょう。

 目 次

もう払えないのと、一時的に払えないとで対応が異なる

 住宅ローンの払えない状態を解消できるなら、金融機関に相談することは非常に有効です。一時的や、ある一定期間だけ返済額を減らせば、また元通りの返済ができる目途がたっている方が該当します。

この様な場合、リスケジュールという方法で金融機関は対応します。早い段階で相談しましょう。ただし、その様な方は既に金融機関に相談済みであったり、知人や身内に援助を求めたり、自身で解決策をある程度は模索できます。

予定通りの返済ができない人が悩んでいる

 根本的に違うのは、もう当初の約束通り、住宅ローンを払っていく見通しの立たない方が、本当に困って、どうしたらいいかアドバイスを求めていることです。しかし、多くの場合が金融機関に相談しても、何も解決しないのはハッキリしています。

金融機関とは住宅ローンで借りた金額に利息を付け、毎月返す約束でお金を借りています。つまり、その返済がなければ、事業として成り立ちません。

その金融機関に対し『今まで通りの額では返済できなくなりました。どうすればいいですか?』と相談されて、担当者にできる事はありません。自身が立場を置換え、考えてみても、いいアイデアは浮かばないと思います。

金融機関は相談されても対処法は一つ

 民間の金融機関の多くは住宅ローンを貸しだす時、万が一に備え保証会社を利用します。従って、お客様が金融機関に対し、住宅ローンが払えないとなれば、その万が一に該当しますので、保証会社に代わって払ってもらいます。これをご存知かも知れませんが代位弁済と言います。

つまり、住宅ローンが払えなくなると、対処法は決まっていて、決められたとおりに代位弁済されるだけだからです。

代位弁済関連記事の一覧

代位弁済後にどうするのかが重要

 民間の金融機関は多くの場合、住宅ローンの返済がストップすると保証会社に代位弁済してもらい、そこで借り手とは完全に縁が切れてしまいます。

住宅ローンが払えなくなった後では、この代位弁済後に今度は保証会社から返済を求められます。きちんと解決するには、借金問題として認識しなければ、次の行動に移る妨げとなるかもしれません。

借金は返すか返さないか選択できる

 住宅ローンという借金が払えなくなったとき、この借金をどうするか?考えなければなりません。

大きく分けると以下の3つになります。

1 自己破産

    → すぐ請求から逃れる  自己破産のデメリットを見る

2 自宅を売却

    → できる限り返済

3 競売

    → 何もしない  競売の申立てをされるとを見る

どれを選択しても、住宅ローンが返済されない限り、その家を手放さない方法はありません。の自宅を売却は任意売却という方法で金融機関(保証会社を含む)と交渉して所有者の意思で売却することができます。

金融機関に対しても、自ら自宅を手放すことは誠意ある対応で、歓迎されます。また、精神的な負担や、プライバシーに関しても競売と比較して有利に進めることができます。

上の3つ、どれも自身の意志で決めることができますが、何を大切にしたいか、また状況によっても変わりますので、ご相談いただければ、あなたに合った解決策をご案内いたします。

○ 『残った選択肢は何か!?消去法で考えればよく分かる

○ 『可処分所得が減少で住宅ローンは払えるか?家計を襲う社会保障費の増加

○ 『住宅ローンが回収不能!それでも貸した金融機関は困らない理由

○ 『住宅ローンの返済を止めて自宅を売らずに済む方法は本当にあるか!?

○ 『催告書の内容は必ず確認して意味を理解する

上記の記事も合わせてどうぞ

任意売却情報満載の全記事一覧は任意売却テーマ

任意売却深夜の無料電話相談

電話相談はここをクリック