住宅ローンが返済不能!任意売却で個人版リストラ策

 任意売却は個人版のリストラと考えれば分かりやすいと思います。多額の負債(借金)を抱え、資産を持ち続けることは、大企業でさえも困難な時代です。住宅ローンが払えない状態を継続し、その家に住み続けるのは、ほぼ不可能と言えるでしょう。

企業の場合

 シャープや東芝といった老舗の大企業でも、売上の低迷や巨額の損失で債務超過(借金が資産を上回る状態)に陥ると、主力事業の切売りで、再建を目指します。痛みを伴うリストラです、一般的には従業員の解雇のようなイメージですが、不採算部門を他の事業に切替えたり、本社ビルや工場の売却など資産の処分も平行して行います。

個人の場合

 住宅ローンが以前は返済可能な金額でも、現在では困難な状況になれば、今までと同じような生活は送れません。収入と支出のバランスが崩れ、住宅ローンの返済ができなければ、担保となっている自宅は売却し、返済に充てる必要があります。

住宅ローンが払えない時の対処法

住宅ローンが完済できないから任意売却

 問題なのは自宅を手放しても、住宅ローンが完済できない方、その場合、どうしたらいいか?原因は自宅の価値を上回る借金、住宅ローンの債務超過です。

まず、任意売却で出来る限り、負債の削減に取り組みます。住宅ローンは完済できなくても、極力返済に努めることが、企業のリストラと同じで、個人が自宅を手放す痛み、その姿勢を金融機関は評価して、任意売却には協力してくれます。

従って、任意売却は住宅ローンが払えないときに、極めて合理的な方法なのです。

金融機関は売却に協力的

 住宅ローンの返済が滞れば、完済できる、完済できないに関係なく、金融機関は売却について、通常は協力してくれます。その理由は、返済が無い以上、債務者(借り手)の家計が破綻しているので、その先は自宅を処分し、返済してもらう以外、回収方法がありません。

つまり、金融機関からすると、住宅ローンが返済できなければ、自宅を売却してもらい、その住宅ローンが完済できるかどうかより、速やかに処理することが求められます。それゆえ、任意売却は住宅ローンの滞納が始まったら、早めに決断することがポイントになります。

任意売却について詳しく

任意売却の前後では

 任意売却で個人版のリストラも終了となり、住宅ローン滞納時の不安を抱えながらの生活も一区切りつきます。そして晴れて、生活再建に向け、新生活をスタートできます。

もちろん残った借金が、消えてなくなる訳ではありませんが、残債の返済については柔軟に対応してもらえます。

自宅が競売になってしまう過程で味わう精神的苦痛を考えれば、多くの方は任意売却を選択します。競売回避が成功するかは、相談の時期に大きく左右されます、任意売却は早めの相談が大切です。

全記事の一覧は任意売却テーマ

任意売却深夜の無料電話相談

電話相談はここをクリック