住宅ローンで定年後も働き続ける事をどう思うか?

 日本でも多くの高齢者が現在も働き続けています。働く高齢者には社会と関わりを持つことで喜びを感じている方も存在します。そうでない方は高齢でも生活に必要なだけの収入や蓄えが無く、老いた体でも働かなければならない現実があります。

高度経済成長から続く住宅建設が現在も継続され、マイホームを長期の住宅ローンで手に入れ、その返済が終わらぬままに定年を迎える世代が続々と問題に直面します。最近特に表面化してきている老後破綻です。

住宅ローンが苦しい滞納前はこちらへ

住宅ローンが払えない滞納中はこちらへ

 新築のマンションも住宅ローンで購入すれば定年を迎えるころには築20年~30年以上経過します、今現在の販売中の物件を見てみると専有面積が70㎡位で管理費・修繕積立金を合わせると毎月3万円の維持費を超えるケースも珍しくありません。

住宅ローンが無ければ年金収入での支払いも可能かもしれませんが、これに住宅ローンを合わせて返済していくイメージはとても成り立ちません。

現在は賃貸住宅の家賃と低金利の恩恵で住宅ローンの返済額を比較し、いずれ返済が済めば自分の物になるような感覚で購入を決めていると思われます。

最近の不動産市場では、価格にはっきりと明暗が現れ、建物が古くなっても価格の下落が少ない都心部の不動産に比べ、郊外の不動産は価格の下落が大きく管理の悪いマンションなどは高額な維持費も負担になり、思うような価格で売却できない可能性もあります。

購入当初は賃料が高いと思えても、人口減少と空家の増加とともに家賃も下落傾向にありますので定年を迎えるころには高額な返済を続けてきたと感じるかもしれません。

しかも、定年後まで住宅ローンのために働くのは思い描いていた老後とは全くの別物です。まだ働けるだけの体力と就業先があるだけ幸せなのかもしれません。年を重ね体調を崩せば働けなくなり、いよいよ老後破綻へと進みます。

回避するには住宅ローンという名の借金を計画的に繰り上げ返済していくか、無理ならば価格の下落が少ないうちに売却するなど住み替えの検討を始めることが必要です。

○ 『ボーナス払いを老後破綻せず年金で返済ができるか?

○ 『年金生活者の住宅ローン・貯金で毎月返済する危険性

○ 『可処分所得が減・住宅ローンは?家計を襲う社会保障

○ 『住宅ローンの無理な返済を続けると更なる困難が!

○ 『家のローンが苦しいでは終わらない老後破綻の可能性

上記の記事も合わせてどうぞ

老後破綻の関連記事一覧

任意売却情報満載の全記事一覧は任意売却テーマ

任意売却深夜の無料電話相談

電話相談はここをクリック