借換えが失敗に再雇用では住宅ローンが払えない

 低金利の影響で住宅ローンの借換えをされた方も多いと思います。月々の返済額が減るので、費用は掛かってもトータルではかなり返済額が減ることになります。しかし、安易に返済額を減らしたため、定年後に再雇用されても住宅ローンの返済ができなくなると分かったとき、あなたはどうしますか?

間違った借換えで老後破綻

 住宅ローンの借り換えでは、元々のローン残高や金利にもよりますが人によっては3つの選択肢があり、どれを選ぶかによって大切な老後が大きく左右されることがあります。

  1. 完済時期が同じ
  2. 完済時期を前倒し
  3. 完済時期を先延ばし

1 完済時期が同じ

 元々の金融機関と完済時期を同じにして、月々の返済額を減らす。老後の生活設計が出来ていたならば、生活に余裕が出ます。

2 完済時期を前倒し

 今までと同じ返済額、若しくはそれに近い返済額にすると、金利が下がったので当初の予定より完済時期を前倒しすることが可能。住宅ローンが早く終わるので、元々は老後の生活設計が出来てなかったとしても、老後の生活を見つめ直すチャンスになるかもしれません。

3 完済時期を先延ばし

 ついつい完済時期を先延ばしてしまった場合。まず金利が下がった分で月々の返済額が減ります、そして返済回数は増えるので、月々の返済額は更に減らすことができます。

目先の生活は楽になりますが、それだけ完済時の年齢も上がってしまいます。無計画な選択では老後破綻のリスクが伴います。

数年先の現実でも行動できない人がほとんど

 実は借り換えの際に返済期間を延ばした結果、数年先に住宅ローンが払えなくなることが分かり、どうしたらいいのか?と相談される方が確実に増えています。借り換え当時と状況も変化し、定年後の再雇用では想定していたよりも収入は減少、数年先は老後破綻ともなれば不安に押し潰されそうになります。

どう行動すればいいのか?

 数年後に住宅ローンが払えなくなることが分かっている場合、現時点でも生活は楽ではないと思います。家計としては正常な状態とは言えません。落ち着くはずの自宅が実際は生活に重くのしかかっているので、その家と決別することです。

具体的には自宅を売却して手放す以外方法はありません。

しかし、実際に行動に移せる方はほんの一握りの方だけです。今は何とかなっているから、あえて厳しい選択を決断できないのが現実です。

行動できない理由は

  • 自宅の価格が下がり売却しても完済できない
  • 離れた土地には引っ越せないため近所の目が気になる

 自宅の価格が下がり売却しても完済できない方は通常の売買では不足分を用意しなければならず、無理な方がほとんどですが、その場合は任意売却という方法があります。それには住宅ローンの返済をストップし、滞納させなければなりません。普通に考えれば難しい決断となります。

また、ご近所の目が気になるのは、誰しも同じです。今までは持ち家で、引っ越し先が賃貸となると引け目を感じるかもしれません。しかし、そこを気にして行動しなければ不安を解消することはできません。

つまり、ここを乗り越えなければ、住宅ローンが払えなくなる、その日は必ずやってきます。結局は自宅を手放し、引っ越しも必要になります、要は早く生活を再スタートして安定させるか、先延ばして流れに任せるかのどちらかとなります。

○ 『住宅ローンが払えないままだと、どうなる?

○ 『残った選択肢は何か!?消去法で考えてみる

○ 『住宅ローンで定年後も働き続ける事をどう思うか?

○ 『銀行も止められない住宅ローンで老後破綻のリスク

○ 『老後破綻を回避し早期に完済する住宅ローン利用術

○ 『任意売却は必要?売らずに済む方法を考える

○ 『マイホームの任意売却後に直面する共通の悩みとは?

○ 『家のローンが苦しいでは終わらない老後破綻の可能性

上記の記事も合わせてどうぞ

老後破綻の関連全記事一覧

任意売却の専門業者関連の全記事一覧

任意売却情報満載の全記事一覧は任意売却テーマ

任意売却深夜の無料電話相談

電話相談はここをクリック