訳あり不動産の告知事項と瑕疵担保免責は無関係

 任意売却は一般の人には馴染みの無い言葉です、少し間違った認識で、訳あり不動産を売る事が任意売却と思っている方も少なからず、いらっしゃるようです。

訳あり不動産とは一般の方へ説明するのに解りやすい言葉で不動産業界では告知物件などと呼んでいます。この訳あり不動産は、お客様が目にする販売図面に大抵は『告知事項有』と小さく記載されています。告知が必要な大事な話しがある事になります。

では、不動産業界の『告知事項有』の意味とは、対象となる不動産で事件や事故などが発生し、その内容を聞くと購入をためらう可能性がある場合に該当します。具体的には自殺・殺人・孤独死など知っていれば購入しなかったと思える心理的な瑕疵(欠陥)がある場合に『告知事項有』としています。これは売買に限った話ではなく賃貸物件でも告知事項があれば借主に説明する義務があります。

大事なことは不動産その物には全く問題はありません、事件や事故の内容を聞いても気にしない人は物件を気に入れば普通に購入します。

前置きが長くなりましたが弊社にも、この訳あり不動産の売却を依頼されることがあります、任意売却と勘違いしているのかは別に、大抵は人が亡くなっているケースが殆どで、その不動産の相続人が売却する事になります。

この訳あり不動産は、告知内容が自殺や自然死など事件性の無い場合は、隣り近所でも事情を知らないケースも多くあります。それ故、ご近所には事情を知られずに売却したい・急に相続したけど遠方なので、どうすれば良いか分からないなど、訳有り不動産の売却も弊社では対応しています。

最後に訳あり物件・訳あり不動産の告知事項と任意売却物件の説明にある瑕疵担保免責とは関係ありませんのでご注意ください。

※ 告知事項に該当するかは様々なケースがありますので詳しくはご相談ください。

任意売却情報満載の全記事一覧は任意売却テーマ

任意売却深夜の無料電話相談

電話相談はここをクリック