名義変更で競売を止められるか?

 住宅ローンを滞納し続けると金融機関は競売という手段で強制的に貸付金を回収します、そこで不動産の名義を変えて競売を阻止できないか?と考える方もいらっしゃいます。住宅ローンに限らず不動産を担保にした事業者向けのローンでは自営業者が自宅兼事務所にしている場合など、人手に渡ると事業の継続も難しくなり、何とか競売を回避できないかと思うでしょう。

名義変更は競売を止める手段にはならない

 では、不動産の名義を変える事で競売を阻止することは出来るのでしょうか?

実際に競売を回避しようと不動産の名義を変更した方がいましたが競売の進行は止められず、やむなく任意売却で自宅を手放しました。金融機関からしてみれば当然の結果ですが、任意売却業者としては金融機関が名義変更までして対抗したのに、よく任意売却に応じてくれたと思いました。

金融機関は不動産を担保に貸し付けるとき、名義を変更されただけで競売が阻止されるようでは担保の意味もないので不動産を担保に融資することは無くなってしまいます。つまり、住宅ローン等が払えなくなった時、不動産の名義を変えて競売を阻止することは金融機関に不手際でもない限り不可能です。厳しいようですが、これが現実で多くの方が競売か任意売却の選択しかありません。

余分な出費も必要になる

 そして、先ほどの方は都心の一等地とも言える場所に住んでいたので不動産の評価額も高く名義変更の結果、登記費用と不動産取得税の合計が約100万円位だったそうです。名義変更する前にお会いできていれば、この様な出費は抑えられたケースです。

○ 『競売を避けたい理由は任意売却との精神的負担の差

○ 『任意売却を依頼して競売になったら費用は発生する?

○ 『競売より高く売れるとは限らない

○ 『競売になると仲介手数料や他の費用は発生しない

○ 『やがて登場する競売の落札者とは!?

○ 『競売回避のメリットが無い場合とは

○ 『住宅ローンの返済がストップ!結局いつまで住める?

上記の記事も合わせてどうぞ

競売関連の全記事一覧

任意売却情報満載の全記事一覧は任意売却テーマ

任意売却深夜の無料電話相談

電話相談はここをクリック