銀行の住宅ローンでも代位弁済されない例外とは?

 任意売却について少し調べると代位弁済という言葉を目にすると思います。銀行など民間金融機関の住宅ローンは利用者の状況にもよりますが通常、保証人は必要ありません。その代りに保証会社に保証料を払い、住宅ローンが払えなくなった場合は代わりに保証会社が銀行に返済します。

実際に任意売却を開始するには銀行に返済を3~6か月分滞納し、保証会社から銀行に対して代位弁済が行われた後、保証会社に任意売却の意思を伝えスタートさせます。

住宅ローンが払えない時の対処法

保証会社の無いプロパー融資

 上記は銀行などの住宅ローンを滞納した際、一般的な任意売却を始めるまでの流れになります。当然、例外もあり、保証会社を利用しないプロパーと言われる方法で住宅ローンの融資を行う銀行です。このケースで任意売却を行う場合、滞納が始まり代位弁済されるまで待つ必要がありませんので直接銀行に任意売却の意思を伝え、素早く取り組むことが可能です。

ただし、任意売却を終えるまで余裕がある訳ではないので時間を無駄に費やすと銀行から競売の申立てやサービサーに債権譲渡されてしまう事もあります。

インターネットの情報だけを見て、代位弁済の通知が届かないから、まだ時間はあるかも?と勝手に判断していると手遅れになる事もあるので任意売却を検討するなら早めの相談に越したことはありません。

いずれにしても住宅ローンが払えない状態を続けることは金融機関にとってもメリットはなく、不良債権として適切に処理を行うことを求められます。

○ 『住宅ローンが債権譲渡!サービサーとの交渉

○ 『しつこく面談を求める金融機関には!

○ 『住宅ローンの滞納は金融機関に相談して解決する?

○ 『滞納前でも住宅ローンが払えないと銀行に伝える

○ 『初めての相談!これが分かれば判断可能

○ 『任意売却は必要?売らずに済む方法を考える

○ 『住宅ローンの返済苦は一人で悩まず専門家へ相談

上記の記事も合わせてどうぞ

代位弁済関連の全記事一覧

任意売却の専門業者関連の全記事一覧

任意売却情報満載の全記事一覧は任意売却テーマ

任意売却深夜の無料電話相談

電話相談はここをクリック