相談のタイミング

 住宅ローンが払えなくなり、何も知識を持たずに対処するよりも、その道の専門家に相談するのが、問題解決へ有利に働くことは誰でも分かると思います。

任意売却の業者選び

任意売却で競売回避は早めの相談が最も重要

 任意売却の相談のタイミングはとても重要です、その意味は、手遅れになる前に早めに行動することができるからです。

状況が悪化する前に行動

 状況が悪化する前に早めに対処することは、日々の生活の中でも同じことが言えるでしょう。例えば、傷を放置して化膿した、風邪をこじらせる等、早めに治療しておけば、ここまで悪化しなかったと、後から思うこと。

任意売却も同様で、状況が悪化すれば残された選択肢も減り、最悪は対処不可能で競売を待つだけの状態もあり得るからです。

任意売却が必要かも検討できる

 早めの相談であれば、任意売却しないで済むケースや、余裕を持って競売を回避できたりと、不都合は生じません。

迷っている、悩んでいる、まさにその時が相談するには絶好のタイミングです。そして、任意売却のカギとなる金融機関や返済の状況別で対処も変わってきます。

任意売却の相談:民間金融機関の場合

任意売却の相談:住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の場合

 任意売却で競売回避するには、早めの相談が有効なのは、どこの業者も共通の認識です。思い切って相談した、その勇気ある行動は決して無駄にはなりません。

○ 『メール相談は業者選びのポイントにもなる』の記事も合わせてどうぞ。

任意売却の専門業者関連の記事一覧

任意売却情報満載の全記事一覧は任意売却テーマ

任意売却深夜の無料電話相談

電話相談はここをクリック