競売申立後の相談は残念な結果も

 住宅ローンを滞納して債権者に競売の申立てをされても任意売却できれば競売の取下げは可能です。お客様の中には任意売却の相談を競売の申立ての後にする方も珍しくありません。

お客様が希望すれば、ご自宅に訪問して相談を受けることもあります。直接お会いするので、今までの債権者とのやり取りや現在の状況をお伺いし、任意売却の詳しい説明をして、その場を後にします。

訪問にてお会いした相談者の方には一週間ほど時間を空けて連絡を入れ、任意売却の依頼があれば話を進めます。その際、複数の任意売却業者に相談していて他社を選択される方もいます、それは相談者の自由なので気にしないのですが、お会いした相談者の中には他社を選択したわけでもなく、時間だけが経過してしまう方もいます。

競売の申立て後、何もしなければ間違いなく競売は進行し開札期日を迎えます。やはり直接お会いした方が任意売却の相談をしたものの先に進まないのはとても心配になります。事件番号で入札のスケジュールも確認できるので、競売物件として落札されてしまうと何かしてあげられることは無かったのかと、とても残念な気持ちになります。

債権者との関係を悪くしていたり、競売の申立て後は任意売却を認めなかったりと何か理由はあると思います。それでも、もう少し早く相談していれば結果が変わっていた可能性もあります。

任意売却に対する債権者の方針も日々変化し決まった形があるわけではありませんので時間がある限り諦めずにご相談ください。

競売関連の全記事一覧

任意売却の業者選び

任意売却情報満載の全記事一覧は任意売却テーマ

任意売却深夜の無料電話相談

電話相談はここをクリック