苦しい住宅ローンは返済できれば幸福なのか?

 家賃よりも住宅ローンの返済額が低いので自宅購入を決断した方も多いと思われます。購入時にはローンを払い終えれば自分の物になるような感じで、売却のことや資産価値としては、どの程度なのか考えなかった事でしょう。

もちろん、マイホームは住むために購入するので、20年、30年先の資産価値は誰にも予想できず、気にしていると何もできないかもしれません。

しかし、現実には住宅金融公庫のゆとりローンを35年返済、新築住宅をほぼ頭金無しで購入している方などは、今売りに出しても残債のほうが多く売却時に持ち出しが必要な方がほとんどです。当時、しっかりと想像できていれば、果たして購入に踏み切っていたかは疑問が残ります。

残債が思いのほか減っていないのは、現在と比較すると金利が高いのは明らかです、民間金融機関を除いては金利を下げるには借換えしかないのですが、年齢、収入、費用等、借り換えたくても、応じてくれる金融機関が見つからず返済に行き詰まり、法律事務所や任意売却の相談に訪れるようになっています。

今や住宅ローンが払えなくなり、やむなく自宅を手放すのは珍しいことではありません。むしろ、ギリギリに生活を切り詰め、返済できてしまう方のほうが全く余裕も無く、生活が苦しいと感じているかもしれません。

住宅ローンが苦しいときの対処法

苦しい住宅ローンの返済後を考える

 高度経済成長の時ならば土地も値上がりし、頑張って払い終えれば、それなりの資産価値がありましたが、現在では一部の地域を除いては満足な金額で売れるような不動産は少ないでしょう。 

無理をして住宅ローンの返済のために働き続け、その他の余裕がない暮らしを続けて35年ローンを完済出来たとしても、その住宅の資産価値は一体どれくらいでしょうか?首都圏でも駅から歩けないバス便の不動産は以前では考えられないような価格まで値下がりしています。冷静に考えると少し恐ろしくなります。

賃貸アパートの建設は増加している

 持ち家を断念して賃貸に入居する場合は家賃が必要になりますが、賃貸住宅は相続税の優遇が受けられるとの触れ込みで建設が増えています、空き家が問題に逆行して、アパートや賃貸マンション等の共同住宅が増え続けていることになります。

供給が増えれば、想定していた家賃では入居者が見つからず、下げてでも貸すしかありません、それに伴い不動産の価格も押下げてしまうことは容易に想像つくと思います。今後は借り手が圧倒的に有利な市場が続いていくのではないでしょうか。

人口減少と空家の増加について

任意売却は珍しいことではない

 住宅ローンの返済が苦しく自宅を手放すことは確かに辛い現実です、また売却価格が残債に届かなければ任意売却となります。しかし、ギリギリの生活で返済していれば、苦しい住宅ローンからは解放され、そこから新生活をスタートできます。

繰り返しになりますが、住宅ローンが払えなくなり、任意売却で自宅を手放すのは珍しいことではありません

住宅ローンが苦しいと感じた時、返済のために働く生活を考えると、人生を犠牲にしていると思う人もいるのではないでしょうか?思い切って変化させるタイミングと前向きに捉えると一歩を踏み出せるかもしれません。

○ 『家のローンが苦しいでは終わらない老後破綻の可能性

○ 『住宅ローンで定年後も働き続ける事をどう思うか?

○ 『老後破綻を回避し早期に完済する住宅ローン利用術

○ 『銀行も止められない住宅ローンで老後破綻のリスク

○ 『任意売却は必要?売らずに済む方法を考える

○ 『リスケジュール出来ても問題は先送り

○ 『住宅ローンの滞納前に出来ることは?

○ 『任意売却しないで苦しい返済を勧める理由

○ 『住宅ローンやアパートローンの金利を引下げる方法

上記の記事も合わせてどうぞ

老後破綻関連の全記事一覧

滞納前に出来ること関連の全記事一覧

任意売却情報満載の全記事一覧は任意売却テーマ

任意売却深夜の無料電話相談

電話相談はここをクリック