2番抵当のサービサーが競売に取下げはできる!?

 今回は自宅が2番抵当のサービサーから競売の申立てをされてしまった、会社経営者からの相談をご紹介します。

借入の経緯は会社の事業資金が必要になり、銀行へ融資の相談、住宅ローン返済中の自宅担保が条件となり、2番抵当を設定し融資を受ける。

その後、住宅ローンは何とか返済を継続しているが、事業資金が返済不能となり銀行が有担保でサービサーへ債権譲渡してしまいました。

そして、2番抵当のサービサーが競売の申立てをした段階で当事務所へ相談という流れです。

競売の申立てはブラフなのか?

 筆者からするとサービサーもよく費用を掛けてまで競売の申立をしたなぁ・・・ といった印象です。

というのも、まず競売になっても売却代金が優先順位で住宅ローンの借入分から差引かれます。

競売で落札されても2番抵当のサービサーへ、配当金が回ってくるかは微妙だからです。

1番抵当の住宅ローンは返済中のため、そちらの金融機関にしてみれば、貸した分は全額回収できても、その後の利息は貰えないため、現時点での競売は迷惑な話です。

また、1番抵当の金融機関でさえも、最悪全額回収できないことも想定されます。

実は競売のルールには、この様なケースに対処するため、無剰余取消という制度があります。

無剰余取消とは

 優先順位の高い抵当権者(今回は住宅ローンの金融機関)に損害を与えないため、回収の見込めない後順位の抵当権者が競売を申立てた場合、裁判所がその競売の申立てを取消してしまいます。

無剰余取消の概要

 上の図で説明すると、2,000万円で売却できそうな一戸建て、1番抵当の残債2,000万円・2番抵当の残債1,000万円とあった場合、2番抵当の債権者が競売を申立てても、配当が見込めないため裁判所が取消します。

ある意味嫌がらせ等の無意味な競売ができない仕組みになっています。

この点についても理解した上での相談でした。

サービサーの心理戦

 住宅ローンの残債と売却できそうな予想価格では、2番抵当のサービサーまでは配当があるか・ないかのギリギリのところです。

あとは裁判所の判断で無剰余取消になるかどうかで、現時点でハッキリとした答えは出せません。

その一方で、サービサーは競売の申立てと同時に競売の取下げについても、ほのめかしています。

つまり、競売の申立てでプレッシャーを与え、ある程度のまとまった金額で取下げについても提案してきているのです。

当事者にしてみれば、家族が住む家が競売になるかも・・・ となれば、やはり弱いところを突かれているため大きな不安を抱えてしまいます。

サービサーの巧みな交渉術

 サービサーの競売取下げについても提案していると先に述べましたが、具体的に金額を提示し『○○万円返済してくれれば競売は取下げます。』とサービサーの担当者は告げています。

自宅が競売となっている経営者にとって、ホッとできる瞬間ではありますが、安心はできません。

サービサーの担当者は○○万円で競売を取下げるとしただけで、残りの借金を免除する訳ではありません。

従いまして、きちんと話をつけるべきは、一旦○○万円で競売を取下げ、残債の扱いについても取決めをしなければ、結局は請求され、再び競売の可能性すら残してしまいます。

返済計画は和解書の作成が必須

 もともと何の書類も無しで、サービサーの言われるがままに○○万円を工面し、そのまま振込んでしまうことなど無いでしょうが、返済についてはきちんと和解書を作成・書面化した上で約定通りに返済が済めば、残りは免除する取決めが必要です。

また、仮に無剰余取消となっても、債務が消滅した訳ではありません。

住宅ローンは問題なく返済しているため、このままいけば住宅ローンは着実に減りますが、時が経つにつれ、やがて問題は再燃することになります。

今できる解決策がベスト

 相談者はサービサーが提示した金額について、何とか工面できるかもしれないとのことでした。

当事務所としては、サービサーの提示金額で残りは免除となるならば、いい条件ではあり、ただ単に取下げに応じる金額であれば、問題の解決にはならないと伝えました。

その理由は、一旦競売が取下げ、或は無剰余取消となっても、債務がある限りサービサーは請求可能です。

先の長い話ではありますが、やがて住宅ローンが減った頃に再度、競売の可能性も排除できません。

また、不幸にも相談者が無くなってしまった場合、住宅ローンは保険で返済できますが、サービサーの債務はどうでしょうか?

元々は会社の事業資金で借りているため、経営者は連帯保証人になっています。

つまり、自宅は住宅ローンが無い状態で相続されますが、同時にサービサーの債務も相続されてしまいます。

ましてや、抵当権も設定しているので、住宅ローンが無くなれば、サービサーが1番抵当になります。

がんじがらめの状態で、回収できるとなれば、もちろんサービサーは容赦しないでしょう。

不動産を担保にした借入れで悩んでいる方は大勢います。

共通するのは、返済の見込みが無ければ、『現時点で出来ること』それがベストな方法である方がほとんどです。

サービサーは債権回収のプロ

 今回のケースは、サービサーの提示額で終わるならば、そこで話に乗るべきです。

しかし、単なる競売の取下げで、その後の返済についての見通しが立たないようであれば、自宅を任意売却にて手放す方向で調整する事案となりました。

サービサーは債権回収が専門の組織のため、ごまかし等は通用しません。

ある程度、サービサーが譲歩し決着できそうなタイミングであれば、手を打つのも解決方法の1つです。

任意売却で本当に重要なのは業者選びです!

住宅ローン等の悩みが気軽に話せる・相談のハードルを下げる3つの対策

ラインの無料相談はココ

 おすすめ記事 

任意売却の相談はどこへ?業者選びが結果を左右する

任意売却は2番抵当,3番抵当でも諦めずに相談を!

担保付きでサービサーへ債権譲渡されたら任意売却はできる?

保証協会サービサーって何?

サービサーへの債権譲渡は任意売却の前後で対処法も異なる

借金のカタに不動産が取られる代物弁済の恐怖

複数の不動産が競売に自宅だけ任意売却は可能?

経営者の住宅ローンは業績悪化で差押え競売回避は?

任意売却の直前にサービサーへ債権譲渡!それでも成功した2つの要因

知り合いの業者に依頼してハンコ代で失敗!?

任意売却を依頼して競売になったら費用は発生する?

競売を避けたい理由は任意売却との精神的負担の差

なぜ任意売却か?逆の立場で考えればハッキリすること

任意売却で債権者に根回しや裏工作は通用しない

妻が住宅ローンの保証人だと離婚,滞納,破産で問題化

 関連カテゴリー 

サービサー関連の記事一覧

自営業・中小企業の任意売却関連の記事一覧

任意売却の基礎知識関連の記事一覧

任意売却の専門業者関連の記事一覧

競売関連の記事一覧

連帯保証人関連の記事一覧

任意売却情報満載の全記事一覧は任意売却テーマ

任意売却深夜の無料電話相談任意売却メール相談

電話相談はここをクリック