任意売却の報酬は不動産売買の仲介手数料

 前回に引き続き、任意売却業者に支払う報酬について説明します。任意売却を依頼し取引を終えれば、何かしらの費用が発生します。

前回の記事は任意売却を依頼して競売になったら費用は発生する?

報酬の支払い時期

 まず、任意売却の費用の支払い時期は不動産の売買契約を済ませ、買主に名義を変える日(決済日といいます)に同時に支払います。

この決済日に、形式上は買主から売主へ売買代金が支払われ、その中から任意売却業者の報酬や引越し代、管理費・修繕積立金の滞納等、認められる必要経費を差し引き、残りを金融機関に返済します。

そのため、任意売却の依頼者(売主)は現金を用意する必要はなく、経済的な負担がありません。

この点が任意売却と通常の売買の大きな違いです。

※ 金融機関によって認められない経費もあり、現金の用意が必要な場合もあります。

そもそも、住宅ローンが払えない等、経済的な理由で任意売却するのですから、他の費用を含め捻出するのは困難な話しです。

任意売却の費用(報酬)が発生するのは、任意売却が成功した時だけ!

任意売却の費用と支払先を詳しく見る

報酬は仲介手数料

 では、実際のところ任意売却業者に支払う報酬は、どのようにして決まるのでしょうか?

 任意売却業者には必ず宅地建物取引業の免許が必要で、簡単に言いますと不動産業を営むことができる免許です。

任意売却業者は不動産屋です。そして取引の実態は売主と買主の間を取り持つ仲介となり、任意売却で頂く報酬は、正確には仲介手数料となります。

仲介手数料の計算

 仲介手数料の計算方法は簡単で売買価格の3%+6万円に消費税を足した金額となります。

新築マンションを購入者された方は仲介手数料と聞いても、あまりピンと来ないかもしれませんが、不動産の取引には賃貸・売買を問わず、不動産業者が仲介をするのがほとんどです。

任意売却の報酬は仲介手数料その計算方法を解説

 売買金額が2,000万円の不動産の場合、図中の金額が仲介手数料で任意売却業者が受取る報酬となります。

報酬は必要経費

 繰り返しになりますが任意売却では、この金額を金融機関は必要経費として認めてくれますので、依頼者が工面する必要がなく、安心して取引することができます。

また、報酬に関することは依頼する際にお客様と任意売却業者との間で媒介契約(売却の依頼書で3種類ある)を結び、その書面の中にも報酬の金額及び支払い時期も、きちんと明記されています。

現在、任意売却が進行中の方は確認してみてはいかがでしょう。

任意売却の報酬として認めるのは仲介手数料だけ

 最後に一番重要なことを書きますが、なぜ、金融機関は自らの回収額を減らしてまで、仲介手数料を売買代金の中から必要経費として認めるのか?

それは、任意売却が金融機関にとってもメリットがあるからです。

そのため、お客様が様々な理由で任意売却が有効と考えたとき、その任意売却を依頼するのは宅地建物取引業の免許を与えられた不動産業者のみが対象となります。

任意売却の相談に免許は不要

 任意売却の相談窓口でも、任意売却ができるかは別問題で、不思議なことに任意売却ができない任意売却の相談窓口も、ネット上には多数存在します。

任意売却の相談窓口 = 宅地建物取引業の免許有ではない

 金融機関が任意売却の報酬として、唯一認めるのは不動産売買の仲介手数料だけとなり、任意売却の相談料等を報酬として認める金融機関はありません。

つまり、任意売却の報酬を受取る資格の無い者は任意売却ができない者となり、見極めるには細心の注意が必要です。

任意売却の相談及び依頼を迷っているなら、任意売却が可能な専門業者がお勧めとなります。

詳しくは『任意売却の相談はどこへ?業者選びが結果を左右する』をどうぞ

思わず相談したくなる担当者のプロフィール任意売却はこの人に訊け!

住宅ローン等の悩みが気軽に話せる・相談のハードルを下げる3つの対策

ラインの無料相談はココ

 おすすめ記事 

早めの任意売却は登記事項(謄本)に記録も残らない

任意売却のお勧めサイトはこの1点に注意

借金のカタに不動産が取られる代物弁済の恐怖

任意売却の専門家に相談して不動産業者を紹介される訳

競売になると仲介手数料や他の費用は発生しない

任意売却で多額の現金が残せるは本当か?

任意売却を頼んだ業者に不信感があるときは?

住宅ローンを滞納して売らずに済む・住み続けるは可能なのか!?

競売申立後は要注意!頼むなら専門業者がベスト

無いと不可!専門業者が教える任意売却に必要な免許

任意売却しても売れない3つの原因と対策

リースバックの相談で選ぶならどちらの業者!?

近所に知られず極秘で任意売却はできるか!?

一括査定で高額だと任意売却しなくて済むの?

任意売却に買取保障は馴染まない理由

任意売却で選ばれる理由は営業ではなく相談だから

 関連カテゴリー 

住宅ローンで老後破綻関連の記事一覧

滞納前に出来ること関連の記事一覧

任意売却の専門業者関連の記事一覧

任意売却の基礎知識関連の記事一覧

リースバック・親族間売買関連の記事一覧

競売関連の記事一覧

任意売却情報満載の全記事一覧は任意売却テーマ

任意売却深夜の無料電話相談

電話相談はここをクリック