ご自身のシチュエーションから判断を

自分のケースから調べる

ご自身のシチュエーションから判断を

自分のケースから調べる

離婚と連帯保証人の問題

離婚後、夫が出て行き、連帯保証人の妻と子供が家に残るケース

 簡単には自宅を売却できずに離婚、売却できない理由は売却金額より住宅ローンの残債が上回るオーバーローンにより売却は断念、そして元夫が返済を続けていく約束だったが…
金融機関から連帯保証人の元妻へ連絡があり滞納の事実を知らされることに

詳しくは『元妻が連帯保証人*離婚後の住宅ローン滞納の対処法』へ

連帯保証人が任意売却を拒否したらどうなる!?

 連帯保証人は主債務者(借りた本人)からの任意売却の協力を断ることもできますが、仮に拒否しても連帯保証人にとってメリットとなることは無いでしょう。むしろ連帯保証人としての立場を理解し行動しなければ後悔することもありますので、一時の感情だけで対処するのは避けるべきです。

詳しくは『連帯保証人は任意売却を拒否してメリットはあるか?』へ

連帯債務者だけど任意売却は可能? 連帯保証人との違い!

 連帯債務者について任意売却の情報は意外に少ないかもしれません。そうなると連帯債務者がいる場合、任意売却は出来るか?心配になると思います。しかし、住宅ローン等の延滞が始まった場合、連帯債務者も連帯保証人どちらについても違いはほとんどありません。また、大抵の金融機関は任意売却を認めてくれます。

詳しくは『連帯債務者がいても大丈夫?連帯保証人との違いは?』へ

ペアローンのまま離婚してしまった

 ペアローンは自身の分だけ返済できれば大丈夫と思っていませんか!? しかし、ペアローンはお互い完済するまでペアの解消は困難です。離婚した元御夫婦は要注意、元相方が返済不能に陥れば、実は連帯保証人だったことを思い出すかもしれません。

詳しくは『離婚後の夫婦ペアローンは一方が滞納で事態急変』へ

離婚を検討しているが、自宅を売却するには任意売却ですと別の業者に告げられました。
この場合、離婚と任意売却はどちらを先にすればいいのか?

 離婚する場合、住宅ローンが残った家はどうすればいいのか?色々と悩むと思います。トラブルになるのは自宅はそのままに元夫が住宅ローンを払い続ける選択肢です。離婚時に売却しないケースではローンの残高が資産価値を上回り、その差額を用意できないからです。

詳しくは『離婚と任意売却どちらが先か?』へ

離婚したけど元夫婦の共有の不動産はどうすればいいの?

 離婚後の元夫婦共有の不動産を任意売却するのは、離婚前と比べれば格段に難しくなります。 元夫婦がお互い協力しなければ対応できませんが、一方のみの自己都合の任意売却となれば、なおさら難しく、何とか説得しようと臨んでも、その目論見は見事に失敗してしまいます。 しかし、共有者が連帯保証人の場合は望みがあります。

詳しくは『離婚後の共有不動産を任意売却するには連帯保証人が突破口に!』へ

任意売却歴15年の知見がつまった

コラム「任意売却大全」

今ある不安は解消されましたか?

任意売却について
他の情報を見る