任意売却で多額の現金が残せるは本当か?

 インターネットでは任意売却すると手元に多額の現金が残せるような表現は減っていますが、差押えや競売の申立後に届くDM等には、まだ高額なキャッシュバックをちらつかせる業者も存在します。

実現するなら素晴らしいことですが問題はないのか?いろいろ疑問が出てくると思います。

残債があると手元に現金は残らない

 なぜ、現金が残せるのか?プロが見ると、おかしな表現でしかありません。

任意売却して現金が手元に残るのは借金を完済できたときです。売却価格から借金と売却時の諸費用を払い、それでも余りがあれば手元に現金が残ります。

これは当たり前の話なので手元に現金が残せるには該当しません。

プロの目から見ておかしい点

 任意売却される方の多くが自宅を売っても住宅ローンを完済できません。それでも多額の現金を残せる点がプロの目から見て疑問に感じます。また、債権者も多額の現金を残すことに同意しているのかも不明です。

現金の出どころは?

 もし本当なら多額の現金はどこから来るのでしょうか? 誰かが払ってくれなければ、お金は出てきません。推測ですが不動産の購入者、つまり買主が不動産の売買代金の他に、多額の現金を払ってくれる以外不可能だと思います。

買主にしてみると不動産の売買代金と諸費用をプラスして、さらに費用が必要になります。そこまでして、購入したい物件なのでしょうか?

考えられる理由は、不動産の売買価格が相場より、かなり低ければ余計な費用を払っても買主にとっては安い買い物となります。

債権者(金融機関)は認めない

 ここで大きな問題が発生します、相場より安く不動産を売却することに所有者は訳が分からず同意しても債権者(金融機関)は、その様なことを認めるのでしょうか?

仮に認めるとしたら債権者に対しても相場より、かなり低めの販売価格でしか売れないと誤解させ、任意売却を取り付けている可能性があります。

そうであれば、依頼者と債権者に対する裏切りで、かなり危険な任意売却と言わざるを得ないでしょう。また、安く売った分、結局は残債も増え、得をするのは買主と任意売却業者だけで、依頼者のためにもなりません。

本当の任意売却は債権者も利害が一致する

 お客様が任意売却によって得られるメリットは競売回避なので一応目的は達成できます。

また、債権者にとっても競売申立ての余分な費用を掛けず、早期に不良債権の回収ができるため、両者に利があるように見えますが、相場より低い金額で売却すると金融機関にとっても損害となり、増えた残債を被るのは、お客様となってしまいます。

そして、債権者(金融機関)が少しでも変だと感じれば間違いなく任意売却にストップかけ、即競売の申立てを行う可能性もあります。つまり、任意売却で多額の現金を手元に残すことは、まともな任意売却業者であれば、あり得ない話です。

それでも依頼したいなら

 現金が残せると主張している業者に対して金額と支払い時期を明記した書面を作成してもらいましょう。そして、その書面を金融機関に確認してもらいOKならば全く問題ありません。おそらく書面で残す業者はいないと思いますが・・・。

引越し代は別

 任意売却で残債が出てしまうとき、現金は残せないのが原則ですが、金融機関の厚意で引っ越し代は残せるケースがあります。

 この引っ越し代に関しては売買代金の中から必要経費として控除することを金融機関によっては認めてくれます。しかし、現実には引っ越し後でなければ任意売却の取引は終了しませんので、引っ越し代を手にするときは、一旦自分で用意した後に戻ってくるような感じになります。

任意売却で都合のいい話は注意

 任意売却が必要な方はお金に困っています、そこに高額な現金が残せることは非常に魅力的です。しかし、一歩引いて考えると悩んでいるときに『うまい話』が舞い込むこと自体怪しいと考えるべきでしょう。

この他には任意売却しても引っ越さないで済むリースバックという言葉が氾濫しています、簡単そうに見えますが親族等が資金を工面するなど、条件をクリアするのが難しく該当者が少ないのが現実です。

任意売却では集客のために魅力的な言葉『売らずに済む・住み続ける』を並べているケースも少なからずあります。限られた時間の中で後悔しない任意売却を成功させるには都合のいい言葉に惑わされないことも重要なので業者選びは慎重に行いましょう。

○ 『成功か失敗か!?任意売却の業者選びが結果を左右する

○ 『任意売却業者のお勧めサイトで注意すること

○ 『任意売却を頼んだ業者に不信感があるときは?

○ 『残った選択肢は何か!?消去法で考えてみる

○ 『不動産を直接買取るダイレクトメールは何が目的か?

○ 『任意売却の報酬は不動産売買の仲介手数料

○ 『住宅ローンの滞納前に出来ることは?

○ 『銀行も止められない住宅ローンで老後破綻のリスク

上記の記事も合わせてどうぞ

任意売却の専門業者関連の全記事一覧

任意売却の基礎知識関連の全記事一覧

滞納前に出来ること関連記事の一覧

任意売却情報満載の全記事一覧は任意売却テーマ

任意売却深夜の無料電話相談

電話相談はここをクリック