投資用不動産と任意売却一覧

投資用不動産がキャッシュフローも生まず、むしろマイナス、借入金の返済もままならない場合は撤退する勇気も必要です。その投資用不動産が任意売却となる場合はどのようなケースなのか?投資用不動産の任意売却に関連した記事の一覧です。

NO IMAGE

自宅とアパートの2重ローンがもう限界へ楽になる方法は?

住宅ローンとアパートローン2つの返済が重なり、家計の負担となっている場合、何か手を打たないと生活が破綻してしまいます。原因は収支に狂いが生じたアパートですが、賃料は減っても返済は減りません。即できることとはアパートの処分です。残った債務はサラリーマンだから可能な対処法があります。

NO IMAGE

ワンルームを複数購入後の返済苦は即売却が救われる理由

1ルームマンションを複数購入してしまい、ローンの返済が苦しく、いずれ売却は避けられないと考えたとき借金が完済できなければどうしますか? 2部屋、3部屋の損失ともなれば1千万円を超えてもおかしくありません。返せなければ給料差押えの可能性も、さすがに会社には居られないと思うでしょう。その様な事態になる前に、やはり対策を講じなければなりません。

NO IMAGE

店舗兼自宅や賃貸併用住宅の任意売却が進まない意外な理由

最近話題の賃貸併用住宅も、度々任意売却物件として不動産市場に流通します。住宅ローンを利用して購入できるなら返済面も楽になります。しかし、住宅ローンでの購入が出来なければ、中々手が出ないのも実情です。では住宅ローンが利用できる賃貸併用住宅と出来ない賃貸併用住宅の決定的な違いは何か? きちんと見極めるポイントがあります。

NO IMAGE

サブリース業者の破綻でアパートローンが払えず自宅を守るには5000万円がポイント

サブリース業者の破綻でアパートローンが返済できなくなり、このままでは自宅も失うのでは!? 問題となっているシェアハウスの売却は仕方なくても、自宅だけは何としても守りたい方は個人民事再生(住宅ローン特別条項)が使えないか検討しましょう。該当するには、条件もありますが自宅を所有している方は早急に専門家に相談しましょう。

NO IMAGE

赤字の投資用不動産は今こそ売却のタイミング

不動産投資は期待したほどの収益は上がらず、借入金の額を思えば恐ろしくもなります。しかし日本の投資用不動産はここ数年では考えられない位の高値で取引されており、想定よりも高値で売れる可能性もあります。もはや負債となった投資用不動産は思い切って処分する絶好のタイミングです。