保証協会サービサーって何?

 保証協会サービサーを知るには、まず信用保証協会という組織について説明が必要になります。

中小零細企業や自営業者が銀行や信用金庫から、お金を借りるのは信用力の問題もあり、容易ではありません。

そこで、信用保証協会を利用した融資制度が存在します。

信用保証協会は、信用保証協会法(昭和28年8月10日法律第196号)に基づき、中小企業・小規模事業者の金融円滑化のために設立された公的機関です。

事業を営んでいる方が金融機関から事業資金を調達される際、信用保証協会は「信用保証」を通じて、資金調達をサポートします。

47都道府県と4市(横浜市、川崎市、名古屋市、岐阜市)にあり、各地域に密着した業務を行っています。

(一社)全国信用保証協会連合会ウェブサイトより引用

信用保証協会は何をしてくれるのか?

 信用保証協会は『資金調達をサポートします』とありますが、誰でもお金を借りるなら、低金利で借りたいと考えるのは当然です。

そうなると銀行や信用金庫で借りるのがベストですが、それが難しいため国が信用保証協会法まで制定しています。

具体的には中小零細企業や自営業者が銀行や信用金庫等の金融機関から、融資を受ける際の保証をするのが組織の役目となります。

心強いことに、信用保証協会という公的機関が保証してくれます。

金融機関は信用保証協会が保証してくれるならば、融資しましょう!となります。

信用保証協会は公的機関

 続いては保証協会サービサーについて説明します。

保証協会サービサーはどの様な場面で登場するのか?

 保証協会サービサーは、何となく信用保証協会と関係がありそうなことは想像がつくと思います。

信用保証協会が保証し、無事にお金が借りれても、約束通りに返済できるかは別の話です。

自営業者や中小零細企業事業者は、やはり経営が不安定でもあります。

そのため残念ながら、金融機関への返済が滞ってしまい不良債権となると、金融機関からの求めに応じ、信用保証協会は金融機関へ代わりに返済してくれます。

このことを代位弁済といいます。

 ※ 代位弁済については、住宅ローンを例に説明している『住宅ローン滞納後、代位弁済されたら任意売却は?』の記事をどうぞ

信用保証協会が保証しているのだから、代位弁済は当然の流れですが、信用保証協会としては代位弁済して終わりではありません。

代位弁済したのだから、今度は自営業者や中小零細企業事業者に対し、その分を返済して下さいとなります。

この回収業務に保証協会サービサーが大きく関わってきます。

保証協会サービサーはどの様な組織なの?

 まず、保証協会サービサーは正式名称ではありません。

保証協会サービサーとはコミュニケーションネームで、正式名称は保証協会債権回収(株)であることが、ウェブサイトの会社情報から分かります。

 興味のある方はどうぞ保証協会債権回収(株)会社情報

筆者も当初は、保証協会債権回収(株)なのに担当者は保証協会サービサーと名乗っており不思議に思っていました。

全国に支店があるので、全てでそうなのかと言えば、確認した訳ではありませんので、念のため付け加えておきます。

保証協会債権回収は株式会社なので、その株主は51信用保証協会全額出資となり、全国の信用保証協会が協力して設立させたことが分かります。

保証協会サービサーは信用保証協会の案件のみ(現在のところ)

 そして会社情報をよく見ると、更に面白いことが分かります。

保証協会債権回収(株)は、法務大臣の許可を得て信用保証協会の無担保債権の管理・回収を主たる業務とするサービサー(債権回収専門会社)です。

保証協会債権回収(株)会社情報『はじめに』から引用

 つまり、保証協会サービサーは信用保証協会から委託され、信用保証協会の無担保債権を管理・回収するのが主な仕事になります。

その他、以下の様な質問も保証協会債権回収(株)『よくある質問』に掲載されておりますので引用します。

Q8 信用保証協会の債権は全て保証協会債権回収株式会社へ委託されるのですか。

A  信用保証協会の委託基準に基づき受託していますので、債権全てが当社に委託されるというものではありません。

保証協会サービサーと任意売却

 先の『無担保債権の管理・回収を主たる業務』となれば任意売却とは無関係?と思いたくなりますが、実はそうでもありません。

信用保証協会は金融機関へ代位弁済すると、その分を借手の自営業者や中小零細企業事業者に対し請求することは既に説明しました。

その際、借手が担保となる不動産を所有し、信用保証協会から保証協会サービサーへ回収業務が委託されれば、任意売却の交渉窓口となります。

保証協会サービサーは任意売却も担当する

任意売却の交渉について

 任意売却を希望する場合でも、まずは保証協会サービサーから面談を求められますので、その際に任意売却の意向を伝え、任意売却を依頼する業者も決めておくのが理想的です。

保証協会サービサーは、債権者である信用保証協会の意向にもよりますが、任意売却については、非常に協力的であると感じます。

また、予定通りに任意売却が進まないような局面でも、ある程度柔軟な対応で、こちらの要望にも応えてくれますが、それは所有者も積極的で早期に任意売却に臨んだ場合と理解して下さい。

そのため代位弁済の通知が届いたら、任意売却を決断する時期に差し掛かったと考えておきましょう。

任意売却後の残債

 任意売却が終了し、残債が生じれば、その回収についても保証協会サービサーが引き続き行います。

保証協会サービサーは『無担保債権の管理・回収を主たる業務』とあるように、ここからが本領発揮と行きたいところですが、公的機関である信用保証協会からの委託でもあり、生活に余裕が無ければ強引な回収とはなりません。

任意売却後は現状を伝え、きちんと向き合ううことが、残債解決への第一歩となります。

中小企業・自営業者の不動産担保ローンを滞納したら

 中小零細企業や自営業者が自力で事業資金を調達するのは非常に困難なため、どうしても政府系金融機関の日本政策金融公庫や信用保証協会を利用した融資に頼らざるを得ません。

同時に所有する不動産を担保にしているケースもあり、返済が滞ってしまった場合の対処に悩んでいる方も多いと思います。

当事務所は不動産担保ローン(住宅ローンも含む)の滞納による、競売回避を専門に扱っております。

そのため、返済状況が悪化する前に、なるべく早くご相談いただけると、より有利に対処することができます。

※ 尚、無担保のローン、任意売却を済ませた方、競売により不動産が処分された方からの相談は受付けておりません。

思わず相談したくなる担当者のプロフィール任意売却はこの人に訊け!

住宅ローン等の悩みが気軽に話せる・相談のハードルを下げる3つの対策

ラインの無料相談はココ

 おすすめ記事 

任意売却の相談はどこへ?業者選びが結果を左右する

任意売却で1番抵当が全額回収だと2番抵当はどうなる?

なぜ任意売却か?逆の立場で考えればハッキリすること

任意売却で債権者に根回しや裏工作は通用しない

任意売却は2番抵当,3番抵当でも諦めずに相談を!

任意売却の専門業者に相談するメリットとは?

借金のカタに不動産が取られる代物弁済の恐怖

物上保証人の任意売却も所有者の決断が必要

自営業者の自宅兼事務所や多額の借入も任意売却は可

任意売却を頼んだ業者に不信感があるときは?

サービサーの請求が不安で任意売却決断できない方は必見!

知り合いの業者に依頼してハンコ代で失敗!?

任意売却は相場より安い!?と感じることもある

任意売却の相談で身内が協力できることは?

妻が住宅ローンの保証人だと離婚,滞納,破産で問題化

 関連カテゴリー 

自営業・中小企業の任意売却関連の記事一覧

任意売却の基礎知識関連の記事一覧

競売関連の記事一覧

任意売却の専門業者関連の記事一覧

連帯保証人関連の記事一覧

サービサー関連の記事一覧

任意売却情報満載の全記事一覧は任意売却テーマ

任意売却深夜の無料電話相談任意売却メール相談

電話相談はここをクリック