任意売却歴15年の知見がつまった

コラム
「任意売却大全」

残債の心配より競売の精神的負担から家族を守ろう

 住宅ローンが払えなくなり、任意売却を検討したとき、残りのローン(残債又は残債務)はどうなるのだろう? と考え、インターネットで色々と調べると思います。

その結果、残債が消えて無くなる訳ではないと分かり落胆される方もいるかもしれません。

売却後の残債について

競売でも残債があれば請求される

 少し考えてみて下さい、住宅ローンを払えず滞納を続け、任意売却しなければ競売へと金融機関は手続きを進めます。

そして競売で落札され、金額がローンの残高に届かなければ、その残債は消えて無くなる訳ではありません。

つまり、任意売却でも競売でも残債があれば、いずれ請求が来ることに変わりはないのです。

むしろ、心配が必要なのは残債よりも、競売まで進行した時、ご家族の精神的な負担です。

これは外に働きに出ている夫よりも、妻や子供にはかなりの苦痛になります。

競売を避けたい理由は任意売却との精神的負担の差』の記事

まず何をするべきか考える

 任意売却のメリットは競売を回避することです。

任意売却する前から残債に思い悩み、あれこれ考えるより、まずは住宅ローンが払えない現実を解決しなければなりません。

その為には今では重荷になった自宅を手放し、返済に充てる事が重要になります。

任意売却後に悩みの種の残債が請求されたとしても、生活を脅かすまでの過酷な取り立てなど債権者には出来ません。

任意売却後の生活は実家に戻ったり、賃貸住宅に入居したりと人それぞれですが,

生活に余裕があれば、返済を続けていくことになります。

いずれ残債は請求される

 まだ、請求されてもいない残債について労力を注ぐより、今、何がやるべきことかを判断して貴重な時間をムダにしないで下さい。

そして、あらかじめ残債は請求されると理解した上で、任意売却に臨むほうがサービサーに債権譲渡後、大幅な減額で解決できる場合もあるので、その喜びは大きいのではないでしょうか。

※ ただし、民間金融機関と公的金融機関とでは残債の取扱いが異なります。

任意売却歴15年の知見がつまった

コラム「任意売却大全」

今ある不安は解消されましたか?

任意売却について
他の情報を見る