任意売却歴15年の知見がつまった

コラム
「任意売却大全」

競売回避と残債の問題を同時解決が難しい理由

 住宅ローンが払えなければ、自宅が競売になる可能性があります。

競売回避を望むなら、任意売却で自宅を手放す以外方法は少ないのが現実です。

そして、任意売却される多くの方が同時に悩むのが残債についてですが、この残債の問題は任意売却と同時に解決することは、ほぼ不可能なのです。

任意売却の残債について

解決するには順番がある

 ほぼ不可能と前述したのは、残債の問題を任意売却と同時に解決できるケースは極めて稀で、任意売却時にローンを完済できる場合や、不足分の現金を用意できる場合しか該当しないからです。

しかし、競売の危機に直面し、任意売却される場合、ローンの残りよりも売却価格が下回り、不足分の現金を用意できず、ほとんどの方が任意売却後は残債と向き合うことになります。

話しを本題に戻すと、競売回避には任意売却で対応できますが、取引を終える段階でないと、残債は判明しないので解決のしようがありません。

任意売却では売却代金の全額が金融機関に渡る訳ではなく、必要な諸経費も売却代金の中から精算されますが、その額も物件により様々です。

任意売却の諸費用について

任意売却後に残債額が確定する

 従って任意売却を依頼した時点では査定価格により、ある程度の残債の予測は出来ますが、任意売却が終わる段階でないと、はっきりとした金額は金融機関でも分からないのです。

また、民間金融機関の場合、サービサーに残債が債権譲渡されることが多いので、そのサービサーによっても回収方法や請求される時期も異なります。

いずれにしても、競売回避するには任意売却で不動産を売却するのが先決で、残債については、任意売却後に金融機関の対応によって考えていくべき問題です。

残債が気掛かりで任意売却に踏み切れないというのは本末転倒で、迷っている間に競売手続きが進行してしまいます。

競売の不安を解決するには早めに任意売却の専門業者への相談を心がけて下さい。

任意売却歴15年の知見がつまった

コラム「任意売却大全」

今ある不安は解消されましたか?

任意売却について
他の情報を見る