任意売却歴15年の知見がつまった

コラム
「任意売却大全」

メール相談は任意売却の業者選びのポイントにもなる

任意売却に関してインターネットで検索すると、ある程度の情報は得られます。しかし、欲しい情報も人それぞれなので、先に進むには任意売却の専門業者に相談することになるでしょう。

深刻な内容を秘密厳守で相談できる

知らない相手に、深刻な相談をするので少し身構えたり、不安を感じたりするのは当然です。

任意売却を行うか迷っている、まだ自宅の場所や電話番号を知られたくない、まだ家族には内緒等、秘密厳守の場合は何といってもメール相談が便利です。

メール相談のポイントは、問い合わせ内容と共に現在の返済状況金融機関名請求書の内容などを記載してあれば、ある程度は返答ができると思います。

メールの対応で業者の質が分かる

メール相談は、しっかり対応してくれるかを見極めるのに、とても有効で後の任意売却業者を選択する際のポイントにもなります。

お客様の心情を察し、心を込めた返答をもらえば、安心することも出来ます、その反面、返答内容が薄ければ、そこまでの業者と判断できるのです。

仕事でメールを利用する方であれば、分かると思いますが、真剣にメールで返答をするのは、かなりの労力が必要で短時間では不可能です。

きちんとした業者であれば、はっきりと差が出ます。

質問の返答も簡素で、『すぐにお問い合わせが必要です』や『詳しくはお電話で相談します』など、相談者と連絡を取りたがる内容なら、メール相談ではありませんので、そこで終了しても構わないでしょう。

最初の連絡に最適

すぐに返事は来なくても、メールであれば夜中に急に不安になり、任意売却をスマホで検索した方など、時間を気にせず送信できます。

気になる事があれば、まずは最初にメールで質問してみるのもいいでしょう。

今や多くの任意売却業者が存在しますので、まずはメール相談を利用すれば、しつこく営業されることも防げます。

当事務所でもパソコン、スマホ、ダブレットでも御名前、メールアドレス、連絡方法、問い合わせ内容の4つがあれば、送信可能な設定です。

秘密厳守、しつこい営業も一切ありませんので是非ご利用ください。

 おすすめ記事 

任意売却の相談はどこへ?業者選びが結果を左右する

任意売却の相談で身内が協力できることは?

妻が住宅ローンの保証人だと離婚,滞納,破産で問題化

任意売却のお勧めサイトはこの1点に注意

定年まであと5年!老後破綻が確実なのに夫は無関心どうすればいいの?

金融機関に業者を紹介されたら確認すること

任意売却の専門家に相談して不動産業者を紹介される訳

残った選択肢は何か!?消去法で考えてみる

競売申立後は要注意!頼むなら専門業者がベスト

シングルマザーが親子間売買で両親の老後破綻を回避

近所に知られず極秘で任意売却する方法は!?

無いと不可!専門業者が教える任意売却に必要な免許

知り合いの業者に依頼してハンコ代で失敗!?

住宅ローンの返済を止めて自宅を売らずに済むの?

住み続けられる任意売却は本当か?

リースバックの相談で選ぶならどちらの業者!?

住宅ローンが苦しくて任意売却をスタートすると気付く大切なこと

任意売却歴15年の知見がつまった

コラム「任意売却大全」

今ある不安は解消されましたか?

任意売却について
他の情報を見る