任意売却歴15年の知見がつまった

コラム
「任意売却大全」

不動産のお金に関わる問題!窓口は専門の不動産屋

 横浜市内の区役所に立寄った際、入口に置いてある相談のチラシが、沢山ありましたので最後に掲載します。

地元の弁護士会、行政書士会、金融庁、法務省等、様々な相談窓口が設けられており、その中にはお金に関する相談が多く含まれています。

 チラシはページ下部にあります

相談窓口は多種多様にある

 多くの窓口が用意されている理由は、一人で悩んだり、周りのアドバイスや自身の間違った対応により、専門家に相談していれば別の解決策もあったのに、残念な結果や手遅れとなるケースが相当数あると思われるからでしょう。

現在は景気の先行きも不透明な中、非正規雇用も増え続けているため、当然、多くの人々が生活も不安定になり、以前は普通に出来ていた生活が困難な状況にあります。

それぞれの専門家に相談する

 長期に及ぶ消費者金融の利用者は過払い金が発生し、現金が戻ってくるケースもあります。

また多重債務であれば、自己破産せず債務整理で返済額が減らせる可能性もあり、どちらも弁護士や司法書士の力が必要になります。

多重債務や借金による離婚、住宅ローン、自営業者の不動産担保ローン等、特にお金の問題は生活に直結します。

これだけ沢山の相談窓口があるので問題発生時は、それぞれの専門家へ相談し、最適な解決策を見つけられる時代になりました。

住宅ローン・不動産担保ローンの相談窓口

 役所のチラシには無かった問題、不動産に関わるお金のトラブル、住宅ローンや不動産担保ローンが払えない、又は払えなくなる時に相談窓口となるのは、専門の不動産業者があります。

また、借金の額が多くて不動産を売っても返済できなくて困っている方には任意売却という方法もあります。

裁判所から競売の通知が届いても、競売を回避できる可能性もあるのですが、任意売却の認知度が低いので一般の方はご存じないかもしれません。

離婚と住宅ローン

住宅ローンが払えなくなり、夫婦関係も悪化、離婚問題に発展する方が多いのですが、妻は連帯保証人になっている場合等、簡単な状況では済まないこともあります。

不動産も関係する離婚問題は、それぞれの専門家が連携し、対応しなければ円満な解決は難しく、より問題を複雑にしてしまう危険もあります。

離婚問題が専門家への相談が必要と思われる場合、弁護士を紹介して対応しますので御相談お待ちしております。

任意売却歴15年の知見がつまった

コラム「任意売却大全」

今ある不安は解消されましたか?

任意売却について
他の情報を見る