任意売却歴15年の知見がつまった

コラム
「任意売却大全」

住宅ローンで多重債務にならない為の注意事項

 最近、銀行系列のカードローンや消費者金融のCMを頻繁に見かけます。

ターゲットとなる年齢層を把握してないので詳しく知りませんが、お金に困った時、気軽に借りてしまうのでしょうか?

はたまた、景気回復を実感できる方も一部なので、生活苦により利用するのでしょうか?

簡単に申し込めて、簡単に借りられる、そして簡単に返せればいいのですが・・・

消費者金融の返済は容易ではない

 消費者金融は以前とは違い、一流タレントがCMに起用されるなど、イメージも変わってきていますが昔で言うところのサラ金です。

年配の方であれば、この言葉をご存知の方も多いと思います。

住宅ローンに比べ、はるかに高い金利で、もちろん借りる金額も違ければ使途も自由なので当然ですが、利用の仕方を間違えると取り返しがつきません。

そもそも、消費者金融の正しい利用法など無いのでしょうが、もともと返す当てがあり、一時的に必要で借りる流れでないと、返済は容易ではありません。

住宅ローンの返済を消費者金融で穴埋めは無謀

 特に避けたいのは住宅ローンを返済するために消費者金融に手を出すことです。

まじめな人ほど陥りやすいかもしれません。借りて返すでは結果的に借金は増えていきます。

今まで返済できたのに返済できないとなれば、たとえ消費者金融で借りて一旦しのいでも、次回も同じことの繰り返しです。

特に会社員であれば、給料が突然増えることなどありません、来月の収入も分かっています。

借りる前に相談する

 消費者金融で借りるか迷う場合、一度、冷静に考えて収入の範囲内で、もう住宅ローンの返済が不可能なら、今の生活を続けることは出来ません。

やはり住み替えが必要でしょう。

その際、自宅の売却ですべて借金を返済できれば再スタートしやすいのでしょう。

しかし、借金が残ると消費者金融やカードローンは、もともと無担保で貸し付けるので、任意売却で自宅を手放しても返済の請求は変わりません。

支払いを拒めば、訴訟から給与の差押えに発展することもあります。

そのため債権者によっては自己破産の必要性もあります。

住宅ローンを借金で返す負の連鎖は絶対にやめるべきです。

また、自己破産もなるべくなら避けたいものです。

そうなる前に、まず住宅ローンが厳しいと感じた時に、現状を把握することが必要です。

任意売却歴15年の知見がつまった

コラム「任意売却大全」

今ある不安は解消されましたか?

任意売却について
他の情報を見る