任意売却歴15年の知見がつまった

コラム
「任意売却大全」

住宅ローンの滞納前に出来ることは?

 もうすぐ住宅ローンが払えなくなる事が予測できる方。

特にボーナス払い併用で、今回は払えたけど、次回のボーナスはもう払えないと、うすうす感じている方、諦めないで下さい!

滞納前だからこそできる売却方法が、まだ残されています。

住宅ローンが払えなくなれば、自宅を手放すことも容易に想像出来ると思います。

しかし、幸いにも住宅ローンの滞納が無ければ、必ずしも任意売却となる訳ではありません。

滞納前に通常売却

 新築住宅を頭金なし、全額住宅ローンで購入していると、売却しても完済できずに任意売却が避けられないケースは非常に多いのは事実です。

新築住宅の場合、購入代金には新築としてのプレミアムもあり、価格に反映されています。

そのため、住み始めた日から中古住宅になり、その分の値落ちは避けられません。

一方で、新築でも頭金を用意しての購入であれば、通常の売却で完済できる可能性もあります。

また、中古住宅であれば、頭金なしでの購入も完済の可能性は残されています。

どちらにしても『自宅がいくらで売れるか?』がポイントになります。

具体的には、まず第1段階として通常の売却からスタートします。

ローン残高以上で売却できれば、住宅ローンの問題から解放されます。

これは、不動産に同じものは一つも無いという特性を活かし、何らかの理由により、多少割高でも購入を希望する者がいないか、不動産市場に売却情報を流通させることが重要になります。

もう少し掘り下げますと、子供のため学区限定で探している方、近くで商売をしているので都合がよい等、買う側の事情で思わぬ金額で売却できることがあります。

最大のメリットは滞納前に住宅ローンを完済するので、信用情報機関(ブラックリスト)に登録されることもありません。

デメリットは任意売却とは異なり、諸費用も含めた金額で売却できないと、持ち出しが必要になります。

任意売却について詳しく

通常の売却からスタートする要件

<通常売却の要件>


その1

 住宅ローンをまだ滞納していないこと。


その2

 税金や国民健康保険料の未納、他の債権者による不動産の差押えがないこと。


その3

 通常の売却が困難であれば任意売却に切り替える決断ができていること。

 しかし、事前にお客様との相談上、一定期間でローン残高以上の売却が困難であれば、競売を回避するため、任意売却へ切り替えて2段階で対応していきます。

あまりこの様な方法で取組む業者は少ないと思います。

もう任意売却しかないと諦めていた方、住宅ローンの滞納前だからこそできる売却方法なので、早期のご相談が必要になりす。

任意売却歴15年の知見がつまった

コラム「任意売却大全」

今ある不安は解消されましたか?

任意売却について
他の情報を見る