任意売却歴15年の知見がつまった

コラム
「任意売却大全」

住宅ローン最低限のルールを考えてみる

 タイトルでは住宅ローンとしておりますが、他の不動産担保ローンも含め、金融機関とは約束の基にお金を借りています。

それは、決められた金額を決められた期日までに返済すること、その約束が守れない限り、担保となっている不動産を所有し続けるのは困難と言えるでしょう。

それでも金融機関は色々と相談にも乗ってくれますので、返済金額の変更(リスケジュールや支払い条件の変更)も以外に、あっさりOKしてくれることもあります。

住宅ローンが苦しいとき

返済金額変更後の滞納

 最近やけに増えていると感じる相談は、前述の返済金額の変更後も、結局、返済が滞ってしまい、金融機関に相談しても『滞納分を返済しない限り、これ以上は待てません!』とキッパリはねつけられたという内容で、『どのように対応したらいいのか?』と尋ねられることです。

もちろん、払えなくなる側にも様々な事情があり、致し方ない部分もあります。

しかし、金融機関が相談に乗り、返済金額の変更後にも、返済が滞ったならば、次に何か救済策があるとは到底考えられません。

払えないと気付かなければ手遅れに

 一つ決定的なことは、もう住宅ローンが払えないことに気付いて無いだけで、相談すれば方法があるのではと期待しているように思えます。

もう、住宅ローンが払えなければ、その家は手放さなければなりません。

そして、そのためにできる最善策は何かを探る時期にきているのです。

タイミングを間違えると、任意売却に必要な時間さえも失ってしまいます。

住宅ローンが払えないときの対処法

金融機関の待てないとは?

 金融機関がこれ以上待てないというのは、期限の利益を喪失し、今後は分割返済には応じられないことで、そのままの状態が続けば、やがて競売になってしまうことを意味します。

いわば不良債権として処理しますとの最後通告です。

収入が増えないと住宅ローンが払えない時代に突入

 現在は、サラリーマンの昇給もなかなか叶わず、現状維持でも良い方かもしれません。

しかし、ここにも大きな落とし穴があり、現状維持でも社会保障費の上昇や食料品、日用品の値上げは確実に起きています。

そのため、以前は払えていた住宅ローンが、同じ額面の給料では払えなくなっているのです。

実際の相談で、はっきりと申し上げるのは非常に心苦しいのですが、伝えないことには相談者も前に進めません。

最初の条件変更で払えなくなっている

 冒頭にありますように、金融機関は返済条件の変更を、比較的柔軟に認めてくれる傾向にあります。

その時点で気付いて頂きたいのは、もう当初の約束通りの返済は難しくなり、本来であれば自宅は手放さなければなりません。

しかし、金融機関も全てを杓子行儀に進める訳ではありませんので、一度は許された返済条件の変更も、次に認めてくれることは、ほぼ無いでしょう。

そのため、やむをえず延滞等が発生したら、もう返済は不可能と自身で判断することが次へのスタートになり、近年問題となっている老後破綻の回避にも、共通しているように思えてなりません。

任意売却歴15年の知見がつまった

コラム「任意売却大全」

今ある不安は解消されましたか?

任意売却について
他の情報を見る