任意売却歴15年の知見がつまった

コラム
「任意売却大全」

任意売却の認知度は低いけど理解すれば合理的な方法

 たまに、友人・知人から御紹介いただいた、お客様をマンションや一戸建てに案内をすることがあります。

その際に『任意売却』という言葉を聞いたことがあるか尋ねると、大抵の方が 『???』 意味不明の様な表情をされます。

家を買いたい人は知らない

 これから家を探して購入しようと考えている方は、住宅ローンがこの位の金額なら払っていけるとは思っています。

何らかの事情で払えなくなった時の実際の行動等は、あまり考えていないのが普通でしょう。

それ故に、一般の方はローンの返済が厳しくなったり、滞納してしまうと自宅が競売自己破産などをすぐ想像してしまうようです。

何はともあれ早めの相談

 金融機関が競売の申立を行うのにも時間が必要ですし、望んでもいません。

自己破産も自身が希望しない限り、ほとんどありません。

また、任意売却は早めの相談がとても重要ですが、競売の申立をされた後でも金融機関が拒否しなければ可能です。

やはり、任意売却の認知度が低いため、競売は申立てされると回避できないと思っている人も多いのでしょう。

特に年配の方はインターネットに不慣れであったりと、情報不足が原因で何もできずに時間が経過してしまったりと・・・。

競売は金融機関にとって最終手段

 競売は金融機関にとっても止むを得ない措置で最終手段です。

何かのきっかけで任意売却を知ってもらえれば、競売を回避できるケースもたくさんあると思います。

もっと任意売却の認知度が上がれば、競売による精神的な負担で苦しむ人も減っていくのではと、常に考えております。

任意売却歴15年の知見がつまった

コラム「任意売却大全」

今ある不安は解消されましたか?

任意売却について
他の情報を見る