任意売却歴15年の知見がつまった

コラム
「任意売却大全」

任意売却の業者選びは担当者探し

 任意売却を詳しく知るには、インターネットが大変便利です。

そして、実際に任意売却を依頼する業者を見付けるのも、やはりインターネットが多いのではないでしょうか!?

任意売却の業者選びは大切だけど・・・

 任意売却成功のカギを握るのは、依頼を受ける業者であることに間違いはありません。

ここで注意しなければならないのが、人が対応する業務になりますので、大切なことは担当者次第で全てが変わってしまうことです。

従って、インターネットで見付けた業者に連絡してみると熱意を感じなかったり、対応が雑であったりと、アレっ?と思うことが起きることもあります。

また、人が相手なので合う、合わないも当然出てきます。

担当者と合う・合わない

 人は誰でも、この人とは合わない、嫌だなと思う相手からは、お金を払って物を買ったり、サービスを受けるのは避けたいと思います。

任意売却も同じで、相談してみて担当者に何か違和感がある、しっくりこない等感じれば、無理に依頼することはありません。

むしろ、1社ではなく2社~3社くらいは相談してみるのが、任意売却の全体像が薄っすら分かるのではないでしょうか。

もちろん、ここでの相談は電話相談を指していますので、わざわざ会う必要はありません。

また、メールで相談するのも担当者の対応がハッキリ現れますので、実は有効な相談方法の一つなのです。

任意売却について納得できる説明か?

 任意売却は金融機関やその他債権者との合意、購入希望者の条件等すべてが揃わなければ、成立しません。

それゆえに相談段階ではハッキリした答えが出ないことも多くありますが、それを以って頼りないと判断するのではなく、何故?答えが出ないのかを説明してもらえるかがポイントです。

2社~3社に相談してみると、聞かれる内容は似たり寄ったりかもしれませんが、質問に対して全く正反対の答えが返ってくる時もあります。

しかし、どちらが間違っているかが重要ではなく、素直に他業者では正反対の答えでしたと聞いてみて下さい。

その担当者なりに、どうしてその様な返答なのか説明してもらえば、より理解も深まると思います。

また、複数社に相談していたからと邪険に扱うようでしたら、それまでと割り切りましょう。

大切な自宅が競売になるかもしれない重大な局面で遠慮する必要はありません、別の業者へ相談しして下さい。

担当者との信頼関係

 任意売却では依頼者とのコミュニケーションは重要な要素でもあります。

そのため、担当者とは信頼関係が無ければ円滑に進めるのも困難になり、特に担当者から頻繁に連絡が入る時期もありますので、合わない担当者へ依頼してしまうと不安や不信感を増大させてしまいます。

この人なら任せられる、安心できて任意売却のパートナーと呼べる位の担当者を見つけることが出来れば一歩進んだも同然です。

分からないことは、どんどん質問しましょう。

電話相談・メール相談の注意点

 信頼できる担当者が見付かったと思っても、顔が分からない担当者では困ります。

ホームページでは、誰に相談できるのかが確認できる業者がほとんどです。

電話でも・メールでも自分は誰に相談しているのか?

担当者の紹介がホームページに、しっかり掲載されている任意売却業者でなくてはなりません。

深刻な相談をするのだから、せめて顔写真位は確認しなければ、本当は誰なのかも疑いたくもなってしまいます。

任意売却歴15年の知見がつまった

コラム「任意売却大全」

今ある不安は解消されましたか?

任意売却について
他の情報を見る