任意売却歴15年の知見がつまった

コラム
「任意売却大全」

中小企業,自営業の任意売却

今まで頑張ってきた事業主である中小企業の経営者、自営業の方は、友人・知人に不動産屋がいるのが普通です。

しかし、任意売却となると深刻なだけ、逆に相談しづらくなるようです。

全く関係ない他人だから話せる悩みもあります。

オーバーローンだから任意売却

不動産担保の事業用ローンは、住宅ローンに比べ債務額が大きく、債権者も複数存在することもあります。

そうなると、任意売却できるか心配との声もありますが、通常は債務の額はあまり関係なく、担保となっている不動産を適切に売却することが、金融機関の不良債権の処理方法として行われています。

最近では、住宅ローンの任意売却の件数が多いので、事業用ローンの任意売却は特殊なケースのように感じるかもしれませんが、どちらも区別なく任意売却は可能です。

希望に沿った相談方法を選べる

経営者が債務過多の状態で、事業継続が危ぶまれる場合、バンザイと両手を挙げてしまうことが一番楽だと仰る方もいます。

つまり、もうお手上げと投げ出してしまうのが手っ取り早いのだが、やはり、自分を信じ、ついてきてくれた従業員とその家族を思うと、ためらうそうです。

従業員にまだ知られたくない等、経営者ならではの配慮もあると思いますので、ご希望に沿った相談方法で対応します。

また、自己破産を検討中であれば、必要になる高額な費用を減らせるよう、当事務所では最後まで頑張る、自営業者、中小企業の経営者を積極的にサポートします。

 おすすめ記事 

高額な破産費用も任意売却で減額可能

任意売却の相談はどこへ?業者選びが結果を左右する

2番抵当のサービサーが競売に取下げはできる!?

経営者の住宅ローンは業績悪化で差押え! 競売回避は?

不動産が差押えられた、どうなるの?

知り合いの業者に任意売却を依頼したらハンコ代で失敗?

競売を避けたい理由は任意売却との精神的負担の差

借金のカタに不動産が取られる代物弁済の恐怖

任意売却は2番抵当,3番抵当でも諦めずに相談を!

残った選択肢は何か!?消去法で考えてみる

任意売却で1番抵当が全額回収だと2番抵当はどうなる?

複数の不動産が競売に自宅だけ任意売却は可能?

残債を0円にする方法!その情報は特別なのか!?

金融機関に業者を紹介されたら確認すること

任意売却を依頼して競売になったら費用は発生する?

信頼できる情報で後悔しない任意売却の相談を!

根抵当権のある任意売却は極度額に要注意!

任意売却の直前にサービサーへ債権譲渡!それでも成功した2つの要因

任意売却で選ばれる理由は営業ではなく相談だから

任意売却歴15年の知見がつまった

コラム「任意売却大全」

今ある不安は解消されましたか?

任意売却について
他の情報を見る