サービサーについて

 サービサーについて記載しましたが、何故このようなことが分かるのかを説明しますと弊社の代表はサービサーが日本に誕生する前から譲渡債権を専門に回収する金融会社に勤務しておりました。

実際に回収交渉となると、多くの金額を回収できることが1番の条件となりますが、それには回収にかかる時間もとても重要になります。

債務者の状況を確認

 債務者との交渉では経済状況を確認しながら最初は満額の請求をします、額面上はそれだけの金額になるので当然ですが、その後2~3の和解案を提示します、1つ目は一括、2つ目、3つ目は分割払いです。

この段階になると、かなり現実的な金額も提示され残債を解決できる可能性が高まります。

和解案とは

 上記の和解案は説明のため簡略化していますが、一括プラン以外は現実的でないように思えますが、しっかりとサービサー側の思惑もあります。

○ 一括プラン

 サービサーの希望は早期に回収して解決することなので、このプランを選んで欲しいと担当者レベルでも望んでいると思われます。任意売却で不動産を処分したあとに、このような金額を用意するのは非常に困難ですが残債がすべて免除されるのであれば何とかしたいと思う金額です。

○ 分割プラン1

 一括プランが無理であれば、分割でしっかり回収が必要なので、この様な金額を提示します。

また、80回払いは6年8か月になりますが、これはサービサーがファンドから資金調達をしている場合等、あまりにも長期間での返済を認める訳にもいかず、そこに合わせていると思われます。

しかし、一括が無理なので、このプランを選択してしまうと何らかの理由で返済がストップしてしまうと、この和解案による金額では解決できなくなりますので注意が必要です。

○ 分割プラン2

  早期の回収が望めない場合、一生払い続けるかのようなプランですが、回収する側は全くないよりは継続して返済してもらい、時間を置きその後の話し合いを経て再度、和解案を提示し解決することもあります。

長期返済の注意点

 長期の分割払いで返済途中に債務者が亡くなってしまった場合、マイナスの財産として相続が発生しますので注意が必要です。

※ 他者で任意売却された方の相談が多くあります、どこの任意売却業者も同じですが、他者で任意売却された方の残債の相談競売後の残債の相談を受け付けることはありません。

詳しくは残債についての相談先を、ご参照下さい。

思わず相談したくなる担当者のプロフィール任意売却はこの人に訊け!

住宅ローン等の悩みが気軽に話せる・相談のハードルを下げる3つの対策

 おすすめ記事 

○ 『任意売却の相談はどこへ?業者選びが結果を左右する

○ 『借金のカタに不動産が取られる代物弁済の恐怖

○ 『債権譲渡後の強引な回収は社会的批判を受ける可能性

○ 『残債の要因はマイホームの資産価値!競売でも問題は解決しない

○ 『サービサーの請求が不安で決断できない方は必見

○ 『高額な破産費用も任意売却で減額可能!

○ 『任意売却で選ばれる理由は営業ではなく相談だから

○ 『競売回避と残債の問題を同時解決が難しい理由

○ 『残債の心配より競売の精神的負担から家族を守ろう

○ 『任意売却業者のお勧めサイトで注意すること

○ 『メール相談は業者選びのポイントにもなる

○ 『サービサーが訴訟に!裁判所での話合は有効な場合も

○ 『無いと不可!専門業者が教える任意売却に必要な免許

○ 『住宅ローンで自己破産のメリットが大きいのは!

○ 『連帯債務者がいても大丈夫?連帯保証人との違いは?

 関連カテゴリー 

サービサー関連の記事一覧

任意売却後の残債関連の記事一覧

任意売却の専門業者関連の記事一覧

任意売却の基礎知識関連の記事一覧

連帯保証人関連の記事一覧

任意売却情報満載の全記事一覧は任意売却テーマ

任意売却深夜の無料電話相談

電話相談はここをクリック